« 旨いのだが・・・「星自慢 特別純米無濾過原酒」。 | トップページ | 寂寞の命。 »

2005/09/01

もはやヴィンテージレプリカジーンズではない:フルカウント0105

0901ちょっと前の話ですが・・・ジーンズ好きの人なら名前ぐらいは知っているであろう「Full Count(フルカウント)」で,サンプル品として通常の半額で買ったものです。しかも・・・ウエストは通常よりも1,2インチ上をこのところは選択していたましたが,思い切ってジャストの31インチで。

 ここのジーンズはすでに二本持っていて(いずれも今回と同じ0105というモデル),使用しているジンバブエコットンと織りのテンションのかけ方が絶妙なのか,新品でもジーンズ特有のゴワゴワ感が全くなく,とてもしなやか。ちなみに,履きこんでいくとマグロでいうところのトロのようにフワッとした感じと,やや緩めのシルエットで,着替えずにうたた寝するときにはこのジーンズをよく履いています(笑)。言ってみれば,ここのジーンズは,酒に喩えてみれば「女酒」な路線です。履いても・触っても・シルエットを見ても,ハードな印象は皆無です。

http://www.fullcount.co.jp/

↑がフルカウントのウェブサイト。

 ちなみに・・・裾上げをする場合は・・・通常はノーウォッシュのものは一回洗ってから,もう一回お店へ行って裾上げしてもらうのですが,今回のものはワンウォッシュのサンプル品。セール期間中は裾上げできないというので,「後日,無料で郵送します」とのこと。というわけで,試着スペースにて履いてみたところ・・・たぶん,もう一回洗って膝の部分がシワで上がってくれば,地面とギリギリで裾上げしなくても良さそうだったけど・・・せっかくなので,ウエストはジャストだし,裾も靴を履いてワンクッションぐらいでと思い,ちょっとだけ微調整。後日,宅配便にて到着し,また一洗いして履いてみたが・・・嗚呼!思ったよりも短い。でも・・・一度も買ったことはないが,やたら有名なEVISジーンズはくるぶしあたりの長さを推奨しているし,まあ,それよりは長いので,これからはブーツっぽい靴に合わせることにしよう。と,妙に自分を納得させる。

 ここのところはブロークンなデニムが流行ってますけど,このジーンズがヴィンテージジーンズのようにきれいな縦落ちになるのは,まだまだ先の話。その頃には,ジーンズの履き方も,今とは違うと思います。

 個人的には・・・以前にもこのブログの「ファッション」のカテゴリーでバックナンバーを見てもらえれば幸いですが,若き日のボブ・ディランのアルバムジャケットみたいな履きこなしが一番シンプルでいいなあと思う次第。

只今のBGM/DAF: el que

Twitter「つぶやく」ボタン


« 旨いのだが・・・「星自慢 特別純米無濾過原酒」。 | トップページ | 寂寞の命。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/5729200

この記事へのトラックバック一覧です: もはやヴィンテージレプリカジーンズではない:フルカウント0105:

» EVISジーンズなんか? [pandabros]
「EVISジーンズ」って看板があったので写真を撮ってきました。 岡山県の田園をM [続きを読む]

« 旨いのだが・・・「星自慢 特別純米無濾過原酒」。 | トップページ | 寂寞の命。 »