« 心に響く60'sサウンド。 | トップページ | モンテーニュ。 »

2005/09/05

阿木燿子:『愛とやすらぎの言葉』より

 先日,何気なく図書館で借りてみた本。1994年の初版ですが,サブタイトルに「読むリラクゼーション」とあります。

 ここであれこれ書き連ねる必要もないぐらい,言葉に対して「しなやか」な人です。書いてあることを挙げていけばキリがないので,最後のページにある,とても印象的な一文を・・・

「ご機嫌ようという挨拶が、
 あなたが健やかで、ご機嫌麗しくありますように、という意味なら、
 さよなら、よりも、ご機嫌よう」

只今のBGM/Nova Nova : Omnibus

« 心に響く60'sサウンド。 | トップページ | モンテーニュ。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/5801750

この記事へのトラックバック一覧です: 阿木燿子:『愛とやすらぎの言葉』より:

« 心に響く60'sサウンド。 | トップページ | モンテーニュ。 »