« 「ほめ上手」って? | トップページ | 女の子の才能発見サイト? »

2005/09/10

美酒三昧。

0910この週末は,実弟と久々に飲んだりということで・・・三本も写真では見られますが,どれもイイ酒ばかり。あれこれゴタクを並べるよりもシンプルにの紹介したいと思います。

 写真の右側から・・・


■「篠峯 山田錦大吟醸 生詰め瓶燗酒」

 今回,唯一の醸造アルコール添加もの。とはいっても,トゲのあるアルコール感は皆無。一升瓶に生で詰めたお酒を湯煎で1回火入れしたものですが,香りはけっこう華やか,なれど,食事を邪魔するわけでもなく,後半はキレの良さとお米の持つ旨みが喉ごしで同時進行する,良酒でした。口中で感じるフルーティーさは,どこか柔らかな「和」の雰囲気が漂っていて,とても透明感があります。

(使用米:山田錦(50%精米)/アルコール度数:16-17%/日本酒度:+5/酵母:協会9号&協会1701号/酸度:1.5)


■「早瀬浦 浦底 純米おり酒」

 三本の中で唯一の生酒にして,一番「男っぽい」酒。純米酒や純米吟醸酒のオリの部分を集めたお酒で,初秋でもなお微発泡感がありました。おりがらみのお酒なので,青い瓶と中身のコントラストが美しく,また,味わいもベタッとした甘さがなく,キレのよい後口とともに,お米(もろみ)の旨みがストレートに伝わってきます。ちなみに漁師町の酒だけに,釣ってきたサヨリの刺身には抜群の相性でした。

(使用米:山田錦・五百万石(50-55%精米)/アルコール度数:17-18%/日本酒度:+7//酸度:1.7)


■「醸し人九平次 純米吟醸 山田錦」

 フランスの三つ星レストランに認められ「白ワイン」としてパリの人々にも飲まれているメイド・イン・名古屋の酒。押しの強い酸味。先の「篠峯」がどことなく「和」ならば,こちらは,口に含んだときのフルーティーさにトロピカルフルーツを連想させる,ちょっとエキゾチックな香りがあります。甘さも,どことなくマンゴーやグァバのような「とろみ」というか「円やかさ」を感じさせる,個性的な酒。瓶の肩張りに「EAU DU DESIR」とありますが,これは「希望の水」という意味があるそうです。火入れですが,はっきり言って「生」じゃなくても「生」に期待する香りは十分に楽しめます。

(使用米:山田錦(50%精米)/アルコール度数:16-17%/日本酒度:+-0/酸度:1.7)

どれも,それぞれ個性の違いがあっておいしゅうございます。

« 「ほめ上手」って? | トップページ | 女の子の才能発見サイト? »

コメント

>yasukoさん

書き込みありがとうございます。そうですね,飲みたくても飲めない事情がある人もこのブログを読んでくださっていると思いますが・・・,こちらも取り上げる頻度を考えております。勝手な味見あるいは,ラベル等に見られるグラフィカルな美しさみたいなものを楽しんでくだされば幸いです。

>まき子 さん

書き込みありがとうございます。今回はささやかな事情があって三本(うち二本が四合瓶)同時並行に飲む機会ができました。ただ,どれも一升瓶で税抜き3000円あたりの安くはない酒ばかりです。やっぱり日頃は一升瓶2500円以下でうまいものを見つけたいものです。「安くて旨いのが一番」です。

早瀬浦のラベルが相変わらず「男酒」という印象をかもし出しています(笑)。
おもしろい3種類の組合せですね!
こういう違ったラインのものを一緒に飲むのもいいですね~。

ほぅ。
美味しそうなお酒が時々紹介されていますが、その度に誘惑ちゃんが忍び寄ります(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/5876878

この記事へのトラックバック一覧です: 美酒三昧。:

« 「ほめ上手」って? | トップページ | 女の子の才能発見サイト? »