« モンテーニュ。 | トップページ | 美酒三昧。 »

2005/09/09

「ほめ上手」って?

nao8-1082581444-1少し以前の話ですが・・・時折,遠出する方向にときどき買って飲むお酒の蔵があり,折角なので立ち寄ってみました。酒造会社名は秘しますがサイトでは地道に日記を更新されており,酒づくりへの情熱や現状をとても正直に綴っておられます。その専務さんが接客されました。

 何を買うかは自分のなかで最初から決めていたのでそそくさとお金を払い,しばし談笑。ちなみに,このブログに登場するほとんどのお酒を買っている酒屋の話題をふると・・・

「ああ○○○さんですか。このあいだ来られてうちでも置かせてほしいと行って来られました」

とのこと。ここの商品はくだんの酒屋でも確認済みでした。ちなみに,店主の○○○さん。もし見てたらとっても申し訳ないですが,最初は何と愛想のなくてそっけない人だなあ,癖があるなあと取っつきにくい感じだったのですが・・・。

 しかしその反面,商品を買うと,必ず,念入りに新聞紙で商品を包んだ後ビニール袋に入れるという徹底ぶり。また新聞紙の折り目が異常にきれい。単なる愛想の良さより,そんな商品への愛情のほうがありがたかったりします。またなかなか手に入らないお酒がセレクトされて置いてあるのを見ても,人間,ただ調子いいだけでは職人肌の人間の気持ちと通じないんだなあと感じています。お客への誠意も,口だけではその場かぎりで,やっぱり,お酒ならお客さんがもって帰ってからいかに旨く飲めるかが一番大事ですね。管理が良ければ味もますますよくなるわけですし。

 やっぱり蔵の専務さんも同じことを思っておられたようで・・・

「せっかく取り引きしても2・3年で何も言わずにやめていく酒屋もあれば,長年お付き合いしていても,毎年『おいしいです』としか自分には言ってくれない酒屋もある。○○○さんなら,もし先々取引が終わっても,どうしてうちの酒がダメなのかちゃんと説明してくれると思う。だから,できればもっとうちのお酒の種類を,○○○さんのところで増やしてもらいたい」

とのこと。そうなんですよね。このところ「ほめ上手になろう」というような話題を目に耳にしたりしますが,単なる美辞麗句だけなら,相手の気持ちを傷つける不安もないから安心。丁寧な観察眼があって上手にほめる事ができなければ,むしろ素直な気持ちを投げかけたほうが,意外に同じ事を相手も思っていたりするんですね。

 どういうわけか,自分自身,表現者(音楽,パフォーマンス,絵画,デザイン等)やその周辺の人によく感想を聞かれたりするのですが,はっきりとその時の気持ちを言うようにしています。残念ながら,人間の気持ちはコンピュータとは違いますので,いくら他人がいいとか何かで賞を取られているといっても,質問者と同じ評価や感情になるわけではありません。なんだかんだで心身の調子や好悪の感情に左右されますね。

 残念ながら自分自身,まだまだ悟りの領域に入ってませんから。

 たとえば気持ちが落ち込んでいるときにシニカルな路線のものを見聞きしても心からは笑えないし,わりと気持ちが満たされているときには,シリアスな路線のものを見聞きしたいという気持ちの余裕もわいてきます。

だから,表現者への感想は,その時点での思いであって,何もその人たちを傷つけようとか,人格を否定しようと思っているのではないんです。日頃のつきあいと表現とは全くの別物です。だから,人に対して「おバカなやつ」とか言って自分を高見に置いたり,正しい側に置くことは慎みたいと思っています。

 そこのところ,時折,誤解されることもあり。いきなり態度が豹変したり感想への言葉が何もなかったり・・。ならば「感想くださいなんて言わないで」と言いたくなることもしばし。

 ただ・・・自分自身でも「あのときは言い過ぎた」「よくない表現だった」と猛烈に反省することもあります。そういうふうに思うことのほうが多いか・・。

 じつは批判的な言辞って,口に出すときは軽々しく言ってるかもしれないけど,けっこう覚悟がいるんです。かくいう自分自身,作品といえるかわかりませんが,本を出したりしているわけでして・・・。自分でいうのも変ですが,ほめ言葉なんて,ほとんどいただいたことがありません。それが現状ですね(苦笑)。ただ,まだまだこれからの人間にとっては,その人なりの改善点についての意見や,何がどう悪いかを率直に述べてくださったほうが,逆に愛情を感じてしまいます。言い方をかえれば,さらに良くなっていくきっかけを与えてくださっているのですから。それをどう受け取るか,取捨選択するかだけです。

 とまれ,自分自身,何か聞かれて批判的に(非難ではない)言うだけでなく,ちゃんといいところは褒めますから。それだけ感想を求められそうな場面ではきっちりと鑑賞させていただいています。的はずれな意見も多々あるかもしれませんが。

 話がかなりそれてしまいましたが,蔵を出る直前にくだんの専務が一言・・・

「うちは酒質まだまだで・・・。でもこれからもよろしくお願いします」

と。

 長々と書いてしまいました。写真は某有名ラーメン屋(名は秘す)の壁にさりげなく置かれた40年前の王選手の写真です。詳細についてはまたいつか。

« モンテーニュ。 | トップページ | 美酒三昧。 »

コメント

>yasukoさん

書き込みありがとうございます。まあ,「肩の力を抜いて人と接してみよう」というところでしょうか? なんて自戒しております(笑)

ほめる。
最近何につけても辛辣で批判的になりがちな自分にほめることも覚えさせよう、なんて考えさせられました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/5855660

この記事へのトラックバック一覧です: 「ほめ上手」って?:

« モンテーニュ。 | トップページ | 美酒三昧。 »