« 音楽も衣替え :: 秋の気配 | トップページ | ネオテニー化する昨今を音楽で実感 :: フェアポートコンベンション :: Fairport Conventionn "Uhalfbricking" 1969年 »

2005/09/26

名は体をなす :: 東洋美人「純米吟醸 ひやおろし」

0927この酒・・・少し前に,2.3ヵ月に1回行くところの近くにあって時折立ち寄る酒屋で購入したものです。というか,この酒は近くには売っていないので,たまに飲むのを楽しみにしているといったところです。

 で,飲んでみて一言。「綺麗でいろんな味わいのバランスが絶妙」。これに尽きます。それと,一夏熟成させた「ひやおろし」とはいえ,春先の生原酒とは違う瑞々しさあり。口中での味わいは・・・光で喩えてみれば・・・パステルトーンで満たされた万華鏡の輝き?! ぱっと見(立ち香)では地味なのですが,よーく覗いてみると,淡い桃色や紫色の光(香り)の虜になってしまいます。奥のほうから顔を出す色合い(後味)も,キリッと輝いて・・・。でも,けっして派手に輝かず,さりげなく優しいセンスのよい色合いで何度も覗きたくなる。そんな万華鏡的なお酒です。ほんの少し・・・ダークなグリーンも見え隠れするでしょうか。

 それにしても・・・じっくり飲むと・・・本当に品のいいフルーツのいいとこどりといった香りと味わいがありました。そろそろ早晩秋らしくなってきて・・・少し燗も試してみましたが・・・熟成香や熟成感はドシッとしたタイプの酒ではないので,個人的には燗が冷めて常温に戻りつつあるあたりか,冷やあたりが飲み頃か。 

 ちなみに,仕込みに使われた米は自社で所有する田で栽培された山田錦とのこと。山口県の田舎町の蔵だそうですが,若い蔵元杜氏がこれだけセンスのいい酒を醸すというのは・・・日本酒の未来も明るい!と舌鼓を打つ今宵です。

 写真のラベルは香港の花文字だそうで、縁起の良い意味が持たせてある「東洋美人」。「名は体をなす」のいい見本です。こういうモダンな味わいは,名にあやかって20代の女性にこそ,是非とも飲んでいただきたい感じです。とにかく派手な香りはしなくともセンスがいい。

(使用米:山田錦55%/アルコール度数:15.6%/日本酒度:+5/酸度:1.5/酵母:7号)

« 音楽も衣替え :: 秋の気配 | トップページ | ネオテニー化する昨今を音楽で実感 :: フェアポートコンベンション :: Fairport Conventionn "Uhalfbricking" 1969年 »

コメント

>山輝亭さん

書き込みありがとうございます。お酒の話題を書くと,コメントされるのは山輝亭さんとまき子さんの二人だけで・・・でも一度もお会いしたこともないのだから,おもしろい話ですね。
「東洋美人」・・・酵母うんぬんはさておき・・・現代的な日本酒のセンスなら代表選手かなあと思います。ベテランが醸したお酒みたいな懐の深い柔らかさとは違う,ハリのある味わいかなあと。ただ・・・繊細な味わいの酒なので,ゆっくり飲みたいなあという印象です。

私も、「ラベルに惹かれて」買いました(苦笑)。
そして、まき子さんに「香港文字」だという事も教えて頂きました・・・。

これって、七号酵母なんですか!?う~ん、印象違うなぁ・・・。

TBさせて頂きます。

>まき子さん

書き込みありがとうございます。
「東洋美人」・・・近くでは売っていないのでときどきしか買いませんが,とても繊細な旨みがあって,淡麗な酒を見直すきっかけになりました。
それにしても「モダン」な酒ですね。名前も日本の女性のハートを見事に鷲づかみしたネーミングです。笑。

これは先月、居酒屋で見かけて飲んでみました。
ラベルの花文字が遠目に見えて、何のお酒だろう?と、
まぁラベルから入ったワケですが(笑)
パステルトーン、いい表現ですね~。
まさにそんな印象でした!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/6132887

この記事へのトラックバック一覧です: 名は体をなす :: 東洋美人「純米吟醸 ひやおろし」:

« 音楽も衣替え :: 秋の気配 | トップページ | ネオテニー化する昨今を音楽で実感 :: フェアポートコンベンション :: Fairport Conventionn "Uhalfbricking" 1969年 »