« リアルタイムの真相:televisionとiD。 | トップページ | 「木魚」と「4つ打ち」の関係。 »

2005/08/27

「朝まで生テレビ」という寝不足促進剤?!

 選挙前ということもあり,久々に「朝まで生テレビ」を見る。

 番組開始が深夜1時すぎで明け方4時半頃に終わる「長寿番組」。司会の田原総一朗氏のフィルターを必ず通して議論が展開されることが,特に国会議員を多数ゲストに呼んだときによく起こる,大人げないゲストの口角泡の飛ばしあいを助長しているとしか思えない(笑)。

 取り上げるテーマにもよるが,こと政治がらみの話題となると,まるで,田原総一朗氏の仮説を検証するための論文(レポート)をテレビ放送化しているような気にもさせられる。ゲストはさしずめカギカッコ付きの引用文献といったところか。しかしながら、こういう司会者が積極的に意見をはさむ番組も,少しはあっていいだろう。

 このところはごくたまにしか見なくなったが,かつては毎月楽しみにしていた。まだ大島渚監督が元気だった頃は,しっかりうたた寝をしてしまう3時頃に「バカヤロー」とぶち切れるパフォーマンスで,何度,目を覚ましたことか。ちなみに,「朝生」パロディの大御所・松尾貴史(キッチュ)氏は,いまだビデオ(今流ならDVD)に番組を録画されているのであろうか。

 そんなことはさておき,結局,番組が1時間ほど経過したところで,相変わらず大人の「人の話を聞かない病」に耐えられず就寝。時折,ゲストのすばらしい意見で気分がシャキッとすることもあるが,話がうまく展開しないときは,まるで「笑っていいとも」に1時間付き合う感覚だ。ず〜っと続いていてそれなりのニーズがある番組だけど,後で何をやっていたか,あまり思い出せない。でも,これといった不快感もないければ,大した満足感もない。これをマンネリズムというのだろう。

 くだんの「朝まで生テレビ」は9.11総選挙についての議論だったが・・・「民営化」「民営化」と言葉ばかりが先行しているけど,「民営化」=「市場の競争原理を最大限に生かす」うえで,肝心の「民」の「民度」は上昇しているのであろうか。むしろ「改革」という言葉の連続が,そのじつ根本的な「変化」を望まない多くの「民」にとって,「何かいいことやおもしろいことがありそう」とバラエティ番組を見る,あのマンネリズムのマントラと化しているように思えてならない。

 後世にとっても良い「改革」であれば断行すればいい。でも,場の雰囲気に酔って「何かいいことありそう」モードで思考停止状態に陥った「民」を増産していく風潮だけは大いに注意したいなあと思う。

 それにしても・・・民営化すれば「官」から「民」へ金が流れていくというけれども・・・例えばJR西日本の事故のように,民営化したからゆえともいえる大惨事の例もある。サービスが良くなったり,料金が安くなったりという表面的な恩恵の裏側で,「市場の競争原理」の弊害も少なくない。

 「民度」が上昇しないと,本当に「国民に痛みをともなう改革」がどんどん進行していくだろう。さもないと「民営化」=「官から民への責任転嫁」になりかねない。

 今日は,このところいろんな意味で勉強不足な自分自身を自戒しつつ綴ってみました。

« リアルタイムの真相:televisionとiD。 | トップページ | 「木魚」と「4つ打ち」の関係。 »

コメント

>yasukoさん

書き込みありがとうございます。筋が通る通らないは別として,理屈っぽくなればなるほど,「人の話を聞かない病」は悪化するようです(笑)。なんて,自分自身も注意していきたいと思っています。

こんにちは。
「人の話を聞かない病」、ギクリとさせられました。
気をつけていきたいですっ。

>町のすずめさん

はじめまして。書き込みありがとうございます。
過疎地や銀行等金融機関が半径数キロ以内に一つもないような地域にお住まいの人は特に,今回の郵政民営化論が「困る」と思っておられるのではないでしょうか。お金の出し入れを含め,郵便物も民間会社の集配所をほとんど利用しない人にとっては,採算の合わない場所はどんどん切り捨てられるのでは?と不安だったりするかもしれません。いっぽう,文書はほとんどがメールかファックス,郵送もコンビニで(最近は郵政公社もコンビニ参入しているが)という都市の生活者にとっては,実家が地方で仕送りが郵便局経由でないかぎり,年賀状以外ではあまりお世話にならない「郵便局」かもしれません。

ところで,国際郵便法においてはレター(手紙)扱いの郵便物の開封は税関でさえできないほど,貴重な個人情報保護の一手段。特に海外では郵便(集配)の事業はほとんどが国営だけに,国内だけでなく,世界の郵便事業の橋渡し役として,もしかすると法案にそういったことを細かく明記しているかもしれませんが・・・個人的にはそういったことを含めて,郵便物の集配の事業はできれば国営で,その他は民営化もやむなしかと思ったりもします。ただ・・・そうなると,郵便物集配の事業と郵貯等の金融事業は別々のところで扱うことになってしまいますね(苦笑)。

>せいさく0319 さん

書き込みありがとうございます。思いのままに綴っている愚サイトなのに「気になるブログ10件」に選んでくださり恐縮です。内容は本当にバラバラですが,これからも,何か思ったこと等,コメントくだされば幸いです。

せいさく0319と申します。
掲載されている日記を興味深く拝見させていただきました。事後の御連絡となりましたが、当方の記事にリンクをはらせていただき、日記を紹介させていただきました。

リンクをはらせていただいた件について、何か差しさわりがございましたら、その旨、御連絡ください。何分、ブログ初心者なもので、ご容赦ください。

また、よろしければ、今後とも、そちらのサイトを拝見させていただくつもりです。よろしくお願いいたします。

せいさく0319 
サイト名 気になるブログ10件
mail:noguchi0319@mail.goo.ne.jp 
http://plaza.rakuten.co.jp/kininaruburogu10/

 何でもかんでも、民営化すればいいものではないですよね。確かにJR西日本の例は恐ろしい結果を招きましたね。郵政公社は独立採算せいで黒字運営されているのだから、人件費の節約と云うことにはなりませんよね。郵便局の手数料が安い、小学校くらいの割合で全国にあるのは便利ですね。しかも、安心。銀行は倒産なんて心配ですから。高齢者には親切だし。行政改革でやったのは大型開発と大企業減税、応援くらいですよね。福祉予算圧縮で年金負担など大変になったのは庶民だけですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/5659832

この記事へのトラックバック一覧です: 「朝まで生テレビ」という寝不足促進剤?!:

» やっぱり朝生つまらん。 [銀次郎庵 / Ginjiro's Blog]
毎度のことだが。(I) 集団を二分割して対面させる単細胞な配置も改まӚ... [続きを読む]

« リアルタイムの真相:televisionとiD。 | トップページ | 「木魚」と「4つ打ち」の関係。 »