« 本心をうち明けるための道具って何? | トップページ | 『茶の味』 »

2005/07/29

美容,健康・・・そして美酒にもUVカットはよろしいようで:「綿屋倶楽部」

0729ちょっぴりふざけたタイトルのように見えますが・・・人間だけでなく生きとし生けるもの(生酒なんかはとくに)にUVカット対策が施されていると,作り手の商品への心遣いをより感じられてありがたい限りです。

 写真は・・・つい先程,購入した「綿屋倶楽部 特別純米・蔵の華」(生酒・宮城県)です。ごらんのとおり,UVカットで瓶が透けて見える袋に包装されています。ちなみに、ラベルに書かれている「綿屋倶楽部」には「コットンクラブ」と小さくルビがふってあり,遊び心溢れたセンスのいい雰囲気。とある酒屋のサイトでは,蔵元がゲリラ的に発表する銘柄が「綿屋倶楽部」なんだそうです。

 ちなみに,これは2002(平成14)年度に醸造された生酒ですが,いわゆる新酒ではありません。でも,よく買っている酒屋の主人が自信をもって勧めてくれた一本。個人的にも,「綿屋」の蔵の酒は,ちょっと置いた(生酒の場合はもちろん低温熟成)ほうが妙味があると思っていましたし,お店の管理も信頼しているので購入。

 いつもながら,生酒は懇切丁寧に新聞紙で包装してくれます。これはいつか写真入りで紹介しますが,感動モノものです。暑い夏でも瓶内の温度上昇が抑えられていて,買う方も安心です。営業スマイルで調子よくされるより,こうした商品へのいたわりこそ,我々消費者は評価すべきだと声を大にして言いましょう。

 味わいは・・・舌にピッとくる酸味や,熟成からくる甘み・・・いずれも時間の変化で丸みを帯びてます。新酒の瑞々しい立った香りも魅力ですが,熟成した旨みを,あえて冷えたままワイングラスで飲むと,チャーミングな酸味のせいか,なぜだか一瞬,日本酒のイメージを覆す世界を感じたりもします。

 ちなみに,生酒については・・・管理状態の行き届いた,しかも造りのしっかりしたお酒ならアタリに出逢って喜びひとしお・・・なのですが・・・その逆は,まさに「地雷」を踏む味わい。念のため,ちゃんと味をわかっているお店の主人に訊ねてから買うほうが安心です。

(使用米:蔵の華/精米歩合:55%( アルコール分:15〜16%/日本酒度:+3/酸度:1.6 酵母:宮城酵母)

« 本心をうち明けるための道具って何? | トップページ | 『茶の味』 »

コメント

>pfaelzerweinさん

書き込みありがとうございます。「味わいが十分に伝わってきました」・・・いえいえ,私はソムリエとか利き酒師の資格を持っているわけではないので,その日その日の勝手な印象をキータッチにまかせて書いているだけです。しかしながら「生酒の低温熟成」は・・・ど素人の私がまたおかしな表現をしてしまうかもしれませんが,ものによっては,日本のビールを飲み慣れた人にとっては,まろやかな旨みは日本のビールよりグッとくるけど,喉にくるシャープな味わいが少ないなあと思ってしまうような,イギリスのパブで飲む「マイルド」タイプのビールを,ついつい想像してしまいます。

>山輝亭さん

書き込みありがとうございます。「販売した後にまで気を配ってくれる店はまだまだ少ない」・・・正直なところ,大半のお店はそうだと思います。4合瓶購入なら,生酒でも白いビニール袋に裸で入れて「ハイ」で終わりだと思います。個人的には,どこかへ出向いたとき,その場所で見つけたお酒を買って「生」を買う場合は,必ず「新聞紙か何かでくるんでください」と言いますが,ほとんどの店であまりいい顔をされないのが現状です。

>こうした商品へのいたわりこそ,我々消費者は評価すべきだと
そうですよね。冷蔵管理をする店は増えてきましたけど、販売した後にまで気を配ってくれる店はまだまだ少ないです。
複数購入しても、緩衝材を入れてくれないみせもありますし・・・。

こんにちは。私はどうしても左利きとなるとこちらの方を考えてしまいます。

日に当てない、冷所にそっと置いていくのはワインでも何でも変わりませんね。雑に扱う方が本当は間違いでして。

味わいが十分に伝わってきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/5221763

この記事へのトラックバック一覧です: 美容,健康・・・そして美酒にもUVカットはよろしいようで:「綿屋倶楽部」:

« 本心をうち明けるための道具って何? | トップページ | 『茶の味』 »