« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005/06/29

花言葉:「雨露で濡れる紫陽花」

0629本当に雨の少ない今年の梅雨の季節ですが・・・暑さもクールダウンできそうな「雨露で濡れる紫陽花」の花の部分だけを掲載してみました。

ちなみに紫陽花(あじさい)の花言葉は・・・花色の変化にちなんで「移り気」「心変わり」といった意味もあれば,「 一家だんらん」「家族の結びつき」を象徴する花でもあるそうな。

また,「辛抱強い愛情」とか「元気な女性」といった花言葉もあるようです。6月1(2?)日・7月1日の誕生花でもあります。

もうすぐ6月も終わりですが,あえて紫陽花の話題にしてみました。

2005/06/28

『寺山修司名言集』より。

「大体、不満屋ってのは世の中との折合いが悪いんじゃなくて自分との折合いが悪い
奴のことなんだから」(アダムとイヴ・私の犯罪学)

ですよね〜って,自分を振り返っても思うところです。

なんだか,もう少し梅雨らしいひとときがあっていいような,そんな今日この頃で。

只今のBGM ...... OE(Tatsuya Oe):Time Has Told Me

2005/06/27

自然の音こそヒーリングミュージック。。

nao8-1094053726-3words are not enough.....言葉をあれこれ綴るのも,日記とかブログかもしれませんが・・・たまたま持っているデジカメに音声録音機能がついていたことに気づき,小川のせせらぎだけを録音しておきました。

こうして読んでくださることに感謝感激でありますが・・・みなさんも,パソコンを相手に字ばかり見ていると,目も心も疲れていることでしょう。

「小川のせせらぎ」

↑をクリックしてください。何の絵も字もでてこないページから音だけ出てきます。もし音が出ない場合はご一報ください。デジカメで録った音なので音質はイマイチですが,目を閉じて感じていただければ幸いです。

2005/06/26

お目覚めソング。

nao8-1089907365-4なんだか・・・梅雨の季節とは程遠い暑さが・・・。そんな話はさておき,冬のように「あと5分」みたいな感じでなかなか寝床を離れられないのとは対照的に,目覚められるけれども今ひとつパッとしないのが・・・夏の朝の目覚めじゃないでしょうか?

そんな朝に・・・オススメというわけではないですが,朝にとっても気持ちいいと自分で勝手に思っている歌を二つ。どちらもアルバムの2曲目です。

個人的に,「A面2曲目」って何故か好きな曲が多いです。ちょっと気分が落ち着く感じ?!


●「Dear Prudence」(ビートルズの「The Beatles」<俗称「White Album」>のA面2曲目)

ボーカルはジョン・レノンがとってますね。朝に聴くにふさわしい優しい歌声です。

「Dear Prudence, won't you come out to play?」
(「親愛なるプリューデンス、一緒に外で遊ばないか?」)

いいですね,いきなりお誘いの言葉からはじまります。ちなみに,辞書をひくと,
「Prudence」っていうのはイギリスで女性の名前なんですが,ほかに「用心」「慎重」
なんて意味があるみたいです。
詞の雰囲気を察すると・・・心を閉ざし気味の繊細な女性に向けて生きているこの世
界の美しさを気付かせる。そんな感じでしょうか。

The sun is up, the sky is blue
It's beautiful and so are you
Dear Prudence, won't you come out to play?

このサビの部分の詞・・・とくに「It's beautiful and so are you」ってさりげな
く表現してるところが,ホント理屈抜きでいい。「まるで君のように美しい朝(or日)
」って・・・それじゃあ外へて思わずにはいられない感じですね。
いやはや・・・ジョンの声だからこそ,そう思えるのだと思いますが。
ひとまず・・・「Look around round」ですね。
目の前にひろがる風景を感じて。


●「Hyper-ballad」(ビョークの2nd「Post」のA面2曲目)

個人的にビョークの歌のなかでは一番好きです。アルバムのなかでは1曲目そしてこ
の曲と重いテクノっぽいビートでつながっていきますが・・・どうしてどうして,詞
はとても軽快で心地よいです。

早朝の山の頂上から,シーンとした静けさが漂う朝に,一日のはじまりは,(あなた
が目覚める前に)車のパーツとかフォークとかスプーンが崖の上から投げ捨てられ
る。というストーリーからはじまるのですが・・・そうした物は「心のわだかまり」
みたいなもののたとえでしょうか?! 

とにかく,サウンドと詞がみごとに織りなす世界が美しくて・・・自分にとって朝に聴くにはホントに爽快で情景が浮かんでくるサウンドです。
わりとこの歌で描かれている世界を想像するだけでも救われた気分になることもありました。
ビョークの世界ってとてもやさしさがあるなあって聴くたびに感じます。

只今のBGM ...... Lauryn Hill : Tell Him

2005/06/24

ブック●フにて自著を買う。。。

050624_21190001「もしかすると・・・自分の本が置いてるかも・・・」・・・たまたま立ち寄ったブック●フにて,いつもは思ってみないことが頭をよぎりました。特に霊感が強くもないのですが,こういうときは得てして向こうから呼んでいるようなもので・・・あ,ありました。背表紙にて『見えざる左手』を確認。先に「100円コーナー」を見なかったのが幸いしました(笑)。もうかれこれ出版されてから数年経ちますが,ブック●フの十八番・・・定価の半額売り。言ってみれば「バナナのたたき売り」状態はまだ逃れているわけで,ある意味ホッとしました。

 レジに自分の本,しかも古本を持っていくのも変な話かもしれませんが,手放されたという残念モード半分,ブック●フに並ぶということは(あまり売れなかったにせよ)少しは市場性があったのかな?という錯覚にも陥らせてくれました。

 写真は・・・カバーを外した状態です。「え〜い、タコに左手はあるのか?」と印刷されているのがわかるでしょうか? こうした見えない部分でブックデザイナーさんは遊んでおられます。お洒落さんは、裏地や見えない部分の処理にこだわるのと同じですね。個人的に本を買うときは,こうしてブックカバーを外して遊びがあるかチェックしてCDやレコードみたく「ジャケット買い」することもあります。

閑話休題。当ブログの兄貴分サイト「クラブレフティ」を更新しました。お時間お有りの方はぜひお寄りくださいませ。

只今のBGM ...... John Lennon : Imagine

2005/06/23

今の若い者は・・・

nao8-1107955779-6なんて怒りを露わにする人は,古今東西どこにでもいる(いた)かと思いますが・・・。とある場所で本を読んでいましたら,隣,斜め前・・・バイブレーションでメール通知の知らせが振動しまくってました。あれって,静まりかえった場所だとけっこう
ビクッとします。まだそれだけならいいんですけど・・・今度は,どう考えても着信音を最大にしている迷惑なコール。誰かなと思ったら・・・やっぱりサラリーマン風の人でした。

今の若いのは・・・と諭す人の嘆きをよく耳にしますけど,こと携帯電話の着信音に関しては,むしろ社会人のほうがうるさいのではないでしょうか。また,仕事がらみの電話だと,ハキハキと喋らないといけないので,みんな声が大きいです。

なんて・・・思っていたら,あまりかかってこない自分の携帯に電話が。たとえマナーモードにしていても,まわりの人に迷惑がかからないようにと,話せるスペースに走ってしまっている行為自体,静かにたたずんでいる人にとっては迷惑なんだろうなと,ふと思った瞬間でした。

追伸:サッカー日本代表がブラジルに引き分けという善戦ぶりでしたが・・・2得点に絡む活躍をしたレフティの中村俊輔。どういうわけか,彼がレッジーナに移籍したばかりのとき,親善試合か何かでチアガールのような女性と手をつないでピッチに出て・・・「いや〜参ったな〜」といった表情を浮かべていたシーンをつい思い出しました。(笑)

只今のBGM ...... massive attack : weather storm

2005/06/22

読書の梅雨・・・

なんて言葉を聞いたことはありませんが・・・少し体力が落ち気味になったり,ジメジメして夏以上に涼しい部屋でゆっくりしたい,このご時節。読書でゆったりするのも悪くないですね。

ここ最近で読んだ本のなかから・・・いくつか思い出し・・・おもしろかったものをピックアップしてみます。

★『イギリス流つぎはぎ英語で大丈夫!』(井形慶子・幻灯舎・2003年)

ヒットメーカー・幻灯舎から刊行されている魅惑?の英語ワールドへの招待状的冒険本。使える英語はどんな人が身に付けていくのか・・・この本に書いてあるとおり「コミュニケーション能力のある人が英語の上達が最も早い」と思います。この点において,受験英語の呪縛に囚われて文法等に慎重になりすぎ,日本語でも口下手と言われてしまうサイト管理人は・・・ああ〜とため息をつくばかり。ただし,いくら話せても趣味や価値観,嗜好性が合わないと,結局,話が続かないので・・・ちょっと特異な分野に長けてると,コミュニケーション能力の部分でカバーできるかもしれません。言葉は道具です。と間違いばかり指摘するエセ教師に知らしめるためにも,英語教材を買う前にこの本でも読んでみたらどうでしょう。


★『人生を考えるヒント ニーチェの言葉から』(木原武一・新潮社・2003年)

久々にノートにメモしながら読みました。大学受験前,勉強が退屈で仕方なかったので,半ば逃避?も兼ねニーチェの『ツァラトゥストラかく語りき』を読み・・・わからない部分がありつつも,大いに「生きることを肯定する」気持ちになれた興奮を感じました。言葉は悪いかもしれませんが,ヤクザ映画を観た後に風を切って歩く映画館の客的な<良い意味?!での心の躍動感>を・・・何歳になってもニーチェの言葉から見いだすことができます。「神は死んだ」という言葉はあまりにも有名ですが,本当の意味で宗教とは何か?を問うたからこその言葉であって,ニーチェこそ真の宗教(信仰)者でしょう。この本は・・・とても展開がよく,引用されているセンテンスも無駄がないので,とても読みやすいです。


★『殺人率---日本人は殺人ができない』(宮崎学/大谷明宏・太田出版・2004年)

この本が出た後の話になりますが・・・日本に比べたら圧倒的に殺人率の高いフィリピンの政府が自国民を誘拐したイラク武装集団の要求に応じ軍を撤退させました。それに対し,自国民の誘拐にもかかわらず「テロに屈しない」と言った首相が舵を取る日本・・・。どちらがより人間的?かを知る上では参考になる本かもしれません。

只今のBGM ....... the D4 : Get Loose

2005/06/21

今頃DJをめざすわけではありませんが・・・

0621ときどき寄り道している中古品店(楽器・オーディオ・パソコン・カメラ系)で「ジャンク」扱いされていたのは,写真にありますCEC(中央電機)のDJ5000という,すでに生産が終了しているDJ向けのアナログプレーヤー。店員に訊ねると,カートリッヂ(要するに針の部分です)がついていないため,音出しチェックができないためにジャンク扱いにしたのだとか。

じつは長らく使っているドイツ製のアナログプレーヤーで十分なのですが,最近,ややメインテナンスの必要性を感じていたため,CD一枚あるいは日本酒一升瓶で買える?!アナログプレーヤーを予備用にキープ!と,購入予定していたCDからこちら変更です。

DJをしないのに今さらアナログなんですけど,個人的にはレコードのジャケットが好きだし,いい録音・いい機器だと,ピアノのタッチやボーカルの息づかいは,ホントにゾクゾクするものがあります。

購入後,あれこれ調整してビョークやコルトレーンを鳴らしてみました。このプレーヤーはDJ向けモデル。しっとりと落ち着いた音は期待できません。でも,DJ用のプレーヤーが採用する「ダイレクトドライブ」(モーターの軸がそのままレコードを受けて回す)って,とても使い勝手がいいんだなあと思った次第です。

二股ソケットが松下電器の歴史の始まりだとすれば,今後も世界のクラブをとおして発展していく技術こそ,「ダイレクトドライブ」でしょう。クラブサウンドは松下電器を嚆矢とする「ダイレクトドライブ」抜きには語れませんよ!

ちなみに・・・このたび購入したCECは,CDプレーヤーでも,アナログプレーヤーの世界では古典的なゴムのベルトでターンテーブルを回す「ベルトドライブ」を採用したりする,日本の隠れたオーディオメーカーでもあります。個人的には,アナログプレーヤーは音的に静かで滑らかな「ベルトドライブ」派です。

なんて・・・ちょっとコア・・・いやヲタクな話題となりました。明日からは,ふつうの話題に戻します。


2005/06/20

美肌効果あり?!・・・「醴泉 本醸造 本生原酒」

0620学生時代に時々お世話になった居酒屋ではないですけど・・・岐阜県の養老町にある玉泉堂酒造の「醴泉 本醸造 本生原酒」を買って味わっています。お値段は一升瓶で税抜き1980円。安い。

白米1トンあたり100%換算のアルコールが120リットル以内というのが「本醸造」の規格ですが,このお酒はご丁寧に90リットルとクレジットされています。ちなみに・・・醸造アルコールとは,サトウキビかすやタロイモなどを発酵蒸留させたエチルアルコールのこと。蔵によっては酒粕を蒸留した,いってみれば「米焼酎」を添加するケースもありますが・・・ご年輩の方が敬遠しがちな「アル添酒」のことであります。

「本醸造辛口」しかも生の原酒ですが,これは口に含むと明らかに「軟水」とわかる,日本酒度+7.5の割には柔らかな甘みを感じる食中酒。生原酒といえば濃い〜イメージがありますけど,ベタベタした舌触りは皆無です。単独で飲めば「加水でも純米で熟成させたものほうが,酔いも優しくていいかなあ」と思ったりもしますが,食事しながらですと,お料理を味わう合間にこの酒本来の旨みがさりげなく顔を出すので,コストパフォーマンスに長けたバランス感覚を感じています。舌で感じる旨みと甘みは品のよいことが,器を手で握ってお酒の温度を上昇させると実感できます。
ただ・・・今晩,一緒に食べたドヤ街の逸品「スジ肉の煮こごり」だと,もう少し濃いめの酒のほうがいいかなと思う反面,脂っぽさをキレイに流すキレとほどほどな酸味とも感じました。

自分でこういうのを書いてて言うのも変ですが・・・いわゆる嗜好品は・・・好きな人が,まるでマルクスの語る?!階級闘争のごとく,知識と稀少性なんかを自慢したりするもの(これはある意味退屈)。でも,嗜好品の世界ほど「主観性」の強いものはありません。よって,お酒についていた蔵元の説明書きで〆させていただきます。

「醴泉は古くから美濃國養老に湧出する名水(菊水泉)で、飲んでよし、肌に滑らか、髪に養老といわれる美泉です。いまも養老町に豊富に湧出し、銘酒「醴泉」はいうまでもなくこれを仕込み水に使って造られたお酒です」

(原料米、山田錦/精米歩合60%/アルコール度数17.5度/日本酒度+7.5/酸度1.3/9号酵母)

只今のBGM ....... Under World : Push Upstairs

2005/06/17

アブラカダブラ字符

nao8-1086012636-1もう6月も半分過ぎました。
 
今年はやや涼しささえ感じますが・・・じつは・・・とっても「湿っぽい」暑さが苦手でして・・・。

よく夏が終わると寂しさがあるなんていいますが,秋のほうが気分は落ち着くし,街のディスプレイも映える秋よ待ってました!という感じです。

でも,こればかりは自然の摂理。
しばし暑さともお付き合いしましょう。

個人的には「暑さ」のみならず「湿っぽさ」が超苦手。
というわけで・・・何故か思い出した・・・「アブラカダブラ」です。
たぶんご存じかもしれませんが・・・。

ABRACADABRA
 BRACADABR
  RACADAB
   ACADA
    CAD
    A

(すいません!逆三角形にきれいに並べられなくて)

これを紙に書いて首につけておけば,熱病が治るなんて,西洋では2世紀頃に流行っ
たそうです。といっても今どき誰も信じないでしょうから,「アブラカダブラ」でも
見て・書いて・唱えて(笑),半ば冗談で暑さを吹き飛ばしましょうか??

只今のBGM ...... Jonathan Richman and The Modern Lovers : Ice Cream Man

2005/06/15

『得手に帆をあげて』

という故・本田宗一郎氏の本に・・・

「日記は消しゴムやインク消しでどうにも訂正できる。しかし人間の行動にはそれが
できない」

という一文がありました。「行動による話しかけに私は100%の表現力を認めてい
る」とも。言い得て妙です。

閑話休題。このブログのメインサイトである「クラブレフティ」更新しております。このところJRの脱線事故で話題になった「日勤教育」と「左手」をめぐる裁判の話題を紹介しています。お時間がおありでしたら,ぜひご覧下さい。

只今のBGM ...... Getz/Gilberto : the girl from ipanema

2005/06/13

連立方程式は解けても・・・

nao8-1104931649-16人間の心の連立方程式はなかなか解けんわなあ〜,と,とある番組のインタビューでごくふつうの自称・元理系で関西弁のおばさんがさらっとおっしゃったのには驚きました。

言い得て妙です。

さてさて,写真は,昨年末に名古屋市の中心街・中区栄を訪れたとき,丸栄デパート近くで発見した「原爆型トマソン」。このところ一部のコアなオタク?の間では「キム兄」こと木村祐一の写術が話題になったりしますが,これに関しては,木村氏もたぶん影響を受けているであろう,「路上観察学」赤瀬川原平氏の「超芸術トマソン」の領域かと思います。

「原爆型」というのは・・・この表現,人によっては傷つくかもしれませんが,取り壊した家の屋根や壁の後が,原爆の爆風で叩きつけられたかのように,隣の壁に残っている様をいいます。
ちなみに,名古屋の中心地で撮ったこの原爆型は,我ながらインパクト大と勝手に思っている次第です。

只今のBGM ...... the D4 : Get Loose

2005/06/12

伊達男は裏地にこだわる:丹沢山・本醸造(カップ酒)

0612カップ酒といえば・・・一昔前なら,夕方,仕事帰りにオッサンたちが酒屋で魚肉ソーセージを片手に一杯ひっかける安酒。あるいは,ドヤ街では夕方五時になると販売中止になる自販機の主力商品というイメージがありますが・・・。このところ,小さな蔵が手軽に味わえるよう続々と本醸造や純米クラスでカップ酒をリリースしているのは,うれしい話。

写真は・・・神奈川・川西屋酒造店の「本醸造 丹沢山」。ラベルには蔵のある山北町の丹沢湖と中心に白くぼやけて写っているのは富士山です。一升瓶で税抜き1900円あたりの本醸造(使用米は美山錦。精米歩合は確か68%<近くの店でのスペック表示では>)ですが,これは,「カップ酒で飲む」本醸造クラスでは,文句なく極上の逸品です。香りは吟醸酒のように品良く抜けていきますし,「旨口」という表現が似合う広がり。近くの酒屋で税込み245円で買いましたが,カップ酒も・・・あのかつての終電でプーンと臭った「嫌な日本酒」とは全く次元の違うところで楽しめるのは,かなりコアな話題かもしれません。

050612_23060001それと,ラベルの内側を見ると・・・ちゃんと丹沢湖や周辺の観光地,温泉の説明まで事細かに書いてあって,地元をとても大切にしてるなあと思った次第。とくに,丹沢湖北側にある「中川温泉」は美人の湯らしいですよ。こういった豆知識をカップの内側から読ませてくれるのは,粋なはからい。かつてなら,伊達男が着物やスーツの裏地に凝りまくるのとどことなく似ているような気にもさせられました。

高い酒ならうまいのはいくらでもあるけど,カップ酒で味わえるっていうのは格別です。

只今のBGM ....... 日曜の夜独特な静寂感。

2005/06/08

サッカー日本代表チームオフィシャルスーツ

050608_21520001サッカー日本代表が,予定通り?!,ワールドカップの予選を通過しました。感激とかそういったことはいろんな方が書いておられるでしょうから,ここでは「究極のコスプレ」の話題でも(笑)。

日頃,サポーターは代表がピッチで着用しているユニフォームを着て応援していますが・・・なんて書いていると,Jリーグがはじまった頃,ビートたけしが「サポーターサポーターってサポーターパンツじゃねえよ」なんて,笑えるような笑えないようなこと言ってたのを思い出しました。

そんなことはさておき,サポーターのファッションもまた,「12人目の選手?!」としてコスプレされていることと思われますが・・・「究極のコスプレ」は・・・やはり「サッカー日本代表チームオフィシャルスーツ」着用,これしかありません。しかもレアです。

下世話な話ですが,価格と限定数を。一つボタンスーツは20万4750円(現定数150), シャツは28350円(現定数200),タイ16800円,シューズは72450円です。もちろん,選手は支給されてこれらを着用しているわけですが・・・男なら憧れる「ダンヒル」製です。

リミテッドエディションで高価とはいえ,たぶんすぐに完売(もうしているかも)でしょう。せめてネクタイぐらいなら,サッカー好きの彼氏なんかにプレゼントしたら喜んでもらえるかも(たぶん)。

でもでも・・・やはり期待したいのは,上から下までばっちりキメてサポーターの群れに混じって雄叫びをあげるとか,選手が乗り込む乗り物のそばで待機するとか・・・そういうことです。

しかし・・・このオフィシャルスーツ,凛々しいサッカー選手はとてもキマってますが,サラッと着こなすのは,じつのところ難しそうな感じ。以上。

只今のBGM ...... FMラジオの女性ボーカル(不明)

2005/06/07

「愛語」

nao8-1103298205-12なる言葉を,先程,何気なくNHKの言葉の番組を見ていたら耳にしました。そのなかで,曹洞宗の開祖・道元禅師の書『正法眼蔵』から・・・

「愛語能く廻天(かいてん)の力あることを学すべきなり」

という一文をひいておられました。ちなみに,「天」とは国王といった権力者を意味します。「愛語」をもってすれば,国王の絶対的な権力ですらも覆すといった意味があるんですね。

おおよそ「愛語」という言葉は,自分の都合や欲ではなく,相手の気持ちを慈しみ尊重する,言ってみれば「博愛の言葉」。だから,ほめるときには,相手の長所をよく理解しないと,むしろ相手を陥れたり,ややもすると軽蔑することにもなりかねないので・・・いやはや,これは人間性を試される,やさしさに溢れながらも厳しい言葉ですね。対話の大事さを,この言葉で知らされます。こういう言葉の由来を聞くと・・・我が身を振り返っていろいろと思い出し,イタイ気持ちになったりもします。

ところで,写真は・・・とある駅前で見た吸い殻入れ。自分自身,禁煙開始から1年半たちましたが,だんだんと喫煙者の立場が狭くなっている象徴をかいま見ました。吸い殻をさす穴の部分に何本も差し込まれているサマを見ると,あの煙の立ち方が,浅草寺で「この煙,頭にかぶったらかしこくなるよ」といういわれのある,あのどでかい香炉を連想させるかも?!しれませんが,こちらは「日常の煩悩とストレスの煙」といったところでしょうか。さすがにみんな,タバコの煙は避けて通っていました。

只今のBGM ...... Primal Scream : insect royalty

2005/06/06

クラブレフティの障害克服!

0525僭越ながらというか・・・このブログとは兄弟関係のサイト「クラブレフティ」というのをやっていまして・・・しばらく一部のページで不具合があって、いろいろと訪問者の方にご迷惑をおかけしていました。

今宵,なんてことのないミスを発見し,問題なく見ていただけるようになりました。日頃は利き手の左右に関係なくこのブログ(日記)を読んでくださっているみなさま、ときには「クラブレフティ」にお越し下さり、ご意見やご感想,取り上げてほしい話題などを、「BBS」にでもご自由にお書き下されば幸いです。

ちょっと今晩は復旧作業をやってましたけど,明日からは,いつものような調子の話題を綴っていきます。

クラブレフティはこちらです。

http://homepage3.nifty.com/club-lefty/
(URLをクリックしてください)

只今のBGM ...... 郷ひろみ:なかったコトにして
(ほとんどパッキャマラーの世界ですね<笑>)

2005/06/04

レフティモンスター養成シューズ

バーレーン戦はけっこう余裕でテレビ観戦でき,ドイツも少しずつ近づいてきました。相変わらず「左利き」ネタをサッカーで探せば,野球よりも豊富なわけでして・・・昨夜の出場選手の中にも,中村(俊)・三都主・中田(浩)・玉田と四人も出ていました。

ピッチは左右対称ですが,さてさて,野球のように利き手ならぬ「利き足仕様」のサッカーシューズは開発可能なのか?という議論が,大手スポーツ品メーカーミズノのサイト「ミズノ的サッカー論」で見つかりました。

そのコラムによれば,「右利き用、左利き用のサッカーシューズは開発可能なのか?−ミズノの答えはYESです」としたうえで,「そのようなシューズが開発され、普通のサッカープレーヤーが入手することが出来るようになれば、第2、第3の“レフティモンスター”が誕生する確率は高くなります」という夢のような話まで。

とまれ,「名選手のようなスタイルのプレーヤーに履かせるシューズとしては、過度な補強材が一切なく、安定性よりとにかく足を“速く振れる”構造を持つ超軽量シューズを作ることが望まれます」とのこと。一般的なプレーヤーは,そう毎度毎度シューズを買い換えることはできないのですぐに商品化できないとしても,上記のような日本代表選手のシューズにはレフティ用に何か特別な配慮がなされていることでしょうね。

熱烈なファンの皆様方へ。詳しいシューズ情報があればご一報を。

閑話休題。左利きつながりで恐縮ですが,左利きサイト「クラブレフティ」も,よろしければご覧くださいませ。

只今のBGM ...... 鳥のさえずり。

2005/06/03

here and now(今ここ)

nao8-1095455644-2最近,自分自身に目を向けてみると・・・「今・ここ」を濃密に生きていないなあと・・・半ば憤っております。が,思っているだけでは,ますますジレンマに陥るので,これまた矛盾する話ですが,息を抜くことももっと大事にしようと思う今日この頃です。

深夜のサッカー日本代表バーレーン戦に向け待機中(笑)。

只今のGBM ...... Laurent Garnier : the sound of the big babou

2005/06/01

マッタリしたカメ発見。

050531_15260001写真はUFOでも心霊写真でもありません。昼下がり・・・小休止に歩いていたところ・・・小汚い川にかかる橋から下をのぞくと・・・お気楽そうにしてプカプカと泳ぐカメであります。

このご時節,何かとテンションが下がり気味の方も多いかと思いますが(自分自身を含め),慌てない慌てないとささやかれているかのようです。

この写真でマッタリした気分になっていただければ,これ幸い。でも,今,聴いてるBGMは郷ひろみの「なかったコトにして」。聴いていてプッと吹き出すだけでなく,お茶目なハイテンションぶり。「時々」ですが,引っぱり出して聴いております(笑)。

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »