« もう一つの左利き:卓球の福原愛ちゃんは左手で箸を持って食事。その真相は? | トップページ | 『人を信じるということ』 »

2005/05/14

左手への誘惑:箱根の蔵の「魚々っと」という酒

0513いつもよく買っている酒屋で,ご主人から「この『魚々っと』。今年のはいい出来ですよ。どうですか?」と言われ,おまけに開栓してある試飲用のお酒を一口いただいて購入しました。が,が・・・これを書くためにネットでいろんなことを確認したら・・・他店より100円高い値付けではないか!! なんてセコい話は止めて・・・このお酒のコンセプトは・・・

<酒が「食」の旨みを引き出し「食」が酒の味わいを高める>

ちなみに・・・スペックは,麹米(50%精米)掛米(60%精米)ともに五百万石。アルコール度数は16-17%。日本酒度は+2.5。ちなみに規格は「特別本醸造」となっていますが,ラベル等を見なければ,3000円クラスの吟醸酒と思わせるものがありますし,あまり醸造アルコールっぽさも強くありません(添加量も抑えているとのこと)。
なんでも,蔵元が選抜した約8店で販売されているいわば,超限定酒。まあ,前述の値段についても許すとします(笑)。税抜きで一升瓶2500円を割りますから。

火入れとはいえ,瓶囲い(瓶欄)。一回のみの火入れでまだ若い酒なので,生酒のような香りの瑞々しさがあります。新潟産の有名な某酒をはじめとした淡麗辛口の本醸造と比べれば,香りも味も主張がありますけど,「食中酒」がコンセプトなので,食べながらでも邪魔にはなりません。

写真には燗するための「チロリ」を瓶と一緒に掲載しましたが,瑞々しい香りを楽しむには,水道水ぐらいの温度がいいなあと思い,燗は封印。といっても,もう温かいですしね(笑)。秋口での熟れた味わいを楽しみにします。

ちなみに,このお酒を醸している川西屋酒造店は,神奈川の箱根にある蔵。「丹沢山」や「隆」といったブランドで一部の日本酒好きからは高く評価されているようです。個人的にはここのお酒は好きな味でいろんなタイプを飲み,いつも現代的なセンスを感じています。特に,1年,2年と熟成させたものは・・・口に入れた一瞬,いろんな意味で日本酒自体を忘れさせてくれるぐらい,いろんな旨みのカドが取れ,ついついワイングラスで飲みたくなる味わいです。

nao8-1099920769-4この記事を書いたついでに,以前にアップしてた過去の日記で書いた「隆」の感想を。・・・美山錦五十五・生原酒(写真)。いつも買っている近くの酒屋で購入。神奈川の蔵というと意外?と思われるかもしれませんが,有名な丹沢の水で仕込まれた,とっても「センスのいい」味です。2001年醸造ということで,お店の貯蔵庫で熟成してまして・・・より円やかに・・・どことなく品のいい落ち着いた白ワインのような雰囲気もあります。このお酒の蔵は「丹沢山」というブランドが一般的ですが,「隆」は全国でも20店とかそのぐらいの規模でしか扱っていないそうです。

ベテランの酒通はもちろんのこと,20〜30代(自分もここに含まれますが)の舌にこそマッチする,そんな感じがします。

只今のBGM ...... DATSUNS : In Love

« もう一つの左利き:卓球の福原愛ちゃんは左手で箸を持って食事。その真相は? | トップページ | 『人を信じるということ』 »

コメント

シンセイさん,書き込みありがとうございます。
「チロリ」はもらいものですが(笑),これで燗をつけるのと,電子レンジでチンとは大違いです。熱伝導がいい「すず」なので,お酒の香りや味わいがあまり損なわれないし,特に人肌ぐらいの温度のときは,あのやわらかい口当たりがたまりません。

今晩は。
おいしそうなお酒ですね。こんど探してみます。
「チロリ」いいですね。あれに入れると酒がなんだかとっても旨くなった感じがしますね。ときどき行くおでんやでも、燗酒が「チロリ」に入ってでてきますが、やっぱり旨いです。

まき子さん,書き込みありがとうございます。
川西屋酒造店のお酒は,よく買って飲んでいます。足柄産の「若水」という米を使ったタイプが,一番ここの酒を飲んでいるという感じです。どこかのお店で1,2年お店の氷温貯蔵庫に眠ってたお酒があったら・・・ここのお酒は寝かせたものがホントおいしいなあと思っています。

魚々っとに隆、最近まで知らなかったのですが
飲みました!まさに「魚」がおいしいお店で。
ホントに魚を食べながら飲むのにピッタリ!といったお酒でした。
私の中では、意外性でヒット中のお酒です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/4115932

この記事へのトラックバック一覧です: 左手への誘惑:箱根の蔵の「魚々っと」という酒:

» 鮮魚 えびすや [トーキョーワッショイ - 東京人が一番見たい東京ネタ]
仕事で最近よくロケ弁を食べる。 ロケ弁というと、幕の内弁当とか油っこくて変わり映えしないイメージだが、 お世話になっているスタジオの社長さん ( といってもいつもTシャツのようなラフな姿(笑)) が 用意してくださるのは、池上にある「Pirana撮影スタジオ」すぐ横の (もしくは、Shimathuの細い路地の向い といった方が分かるかな。) 鮮魚 えびすや  の魚弁当。 焼き魚や刺身が本当に美味しくて健康的なお弁当! この日はぶりの照り焼き。 他にも、鮭のハラスや、うなぎの蒲焼、たらの焼き物、色々... [続きを読む]

» 丹沢山隆純吟無濾過生 & 秋鹿純米無濾過生原酒 [菱沼かれいの日本酒残日録]
【2004年9月その3】 ※ 初めてお越しの方はまずカテゴリーの「はじめに sa [続きを読む]

» 大田区 武蔵新田 鮮魚 えびすや [ダメリーマンのランチ]
大田区(武蔵新田駅) 鮮魚 『えびすや』大衆食堂 さわらの塩焼き(800円)を頂きました! 肉厚のさわら塩焼きが最高! 海老のお味噌汁と山盛りのご飯とおしんこと小鉢付き 小鉢の海老のトマト煮は煮込み過ぎ?モソモソした食感になってました。ぷりぷりを期待してい...... [続きを読む]

« もう一つの左利き:卓球の福原愛ちゃんは左手で箸を持って食事。その真相は? | トップページ | 『人を信じるということ』 »