« 図書館の楽しみ方。 | トップページ | オリジナル?レプリカ?:ジーンズの楽しみ »

2005/05/01

『お寺へ行こう!』という誘惑?!

0501お寺・・・都会/田舎という区別なく,古くから人が集まって住んでいる地域には必ずといっていいほど見かけるスペースですね。特に,西洋から来た人を京都あたりに案内すると「ここは宗教的な施設?」「ここに人が住んでいるの?」といった質問を浴びせられたりします。

日本人は無宗教なんて言ったりするむきがあります。これは「教義」とかそういった面では熱心でない人が多いという点では言い得てると思いますが,四国遍路だとか,観光寺院めぐりで合掌とか,商売繁盛にために熊手を買って三本〆とか・・・。宗教的な儀礼にすんなり入り込んでいける感覚だけは,じつに宗教的な感覚の持ち主だと言えるかもしれません。

かくいう自分自身,お寺の多い地域で育ったためか,一目見ただけで宗旨・宗派等敏感だったりしますが,そんなことはさておき,「お寺はテーマパークであって」と,至極ごもっともな一文が書かれている本を発見。それが『お寺へ行こう!』です。

確かに・・・周辺を含めて「お寺はテーマパーク」だったりしますね。花街やお茶屋,お食事処,温泉,娯楽施設・・・「旅の恥はかきすて」とは言い得て妙で,「聖」なる場所へ行くとの口実の裏側で,メインは目一杯「俗」を楽しむこと。いやはや,それで気持ちが癒されるのであれば仏の慈悲をいただいたことになったとも言える,かな?!

理屈っぽく仏教を語る本ではなく・・・あくまで「ちょっぴり仏の世界に興味があるけど,どこから手をつけたらいいのかわからなくて」という人向け。「テーマパーク」としてのお寺巡りは,仏像に標的を絞れというだけあって,仏像はイラスト入りで基本から説明されています。なんて月並みなコンテンツはさておき,「ファンキーブッダのいざない」ということで,娯楽的な要素の強いものとして大仏や大観音が紹介されています。「ものすごく金のかかったギャグ」とも。そうなんです,だいたい,大仏や大観音の多くは,信仰心の篤い事業家が,自らなした財をつぎ込んで建立するというパターンが少なくないですから。

他にもムンクの叫びそっくりな「ムンク羅漢」や,エロっぽい観音像や案内のおばちゃんがエロな話題を交えてトークするという,一部では知られた群馬の「べべ観音」(しかしここは正式には寺ではない)。わざわざ四国を回らなくても,それと同じぐらいの功徳があるという,寺内にある「ミニ霊場」等が紹介されています。

こうして書いてみると,さぞ仏教をおちょくったような本に思えるかもしれません。が,もともとはそういう企画ともいえるネタを宗教というフィルターを通して提供している人がいるから成り立つ話題でもあります。

こういう,やや「俗っぽい」宗教的スタンスって,宗教的な対立で戦争を起こすようなスタンスとは対局にあるわけで,ある意味,評価してもいい「いい加減さ」かもしれませんね。

ところで・・・地道?に更新してますサイト「クラブレフティ」新たに更新しましたので,利き手に関心のある方はお立ち寄りくださいませ。

只今のBGM ...... バニー・マニロウ:コパ・カパーナ(ラジオ番組内)


« 図書館の楽しみ方。 | トップページ | オリジナル?レプリカ?:ジーンズの楽しみ »

コメント

ゆーさん,書き込みありがとうございます。
いえいえ・・・かくいう自分自身,何事も単なる好奇心からおもしろがってるところがありまして・・・勉強と思うと,途端に関心がなくなってしまいます。
とまれ,「寺」の周辺というのは,何かと人間が集まって文化を形成してきた部分も大ですから,あまり教義とかにしばられず,あれこれ観察してみるのは楽しいかもしれませんね。

TBありがとうございました。
いつの記事かもはっきり覚えてないんですが・・・。

京都のお寺についてそこまで深く考えたことがなかったですね。
もっと勉強が必要だなと思わされました。
でないと、見ていても感じるものがないですから。

僕ももっとそういう自分の立派な意見が言ってみたいものです・・・。

>kisaraさん
>黎さん

こちらこそトラックバックありがとうございます。京都も鎌倉もよく歩いたことのある場所ですけど,古い街を歩くと,いかに日本では仏教的な雰囲気に包まれていたかを実感できるというか・・・。
まあ,境内に入って鐘をついたり,仏像の表情をどう感じるかで自分の精神状態をチェックできたり,線香の香りでいつしかアロマテラピーしてたり・・・長らく親しまれているテーマパークなんでしょう。

トラックバックありがとうございました。
この連休中、ぶらりと鎌倉へ行ってきましたが、まさにテーマパークという感じでした。
色々な楽しみ方を見つけるのも寺めぐりの醍醐味ですね~。

TBありがとうございます。
なんだか深いですね~(^^;)
お寺がテーマパークといえば、そうかもしれないですね。
京都なんかだと街全体がそうなのかも。
私はそのテーマパークが大好きだったりします。
またのぞきにきますね。
TBさせていただきました~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/3934400

この記事へのトラックバック一覧です: 『お寺へ行こう!』という誘惑?!:

» 比叡山2 [Diary]
ガーデンミュージアムに着くと 春の花々に彩られたフランス印象派の絵が迎えてくれ [続きを読む]

» 『古寺歩きのツボ 仏像・建築・庭園を味わう』 [Les Livres]
古寺歩きのツボ井沢 元彦〔著〕 角川書店 724円(税別) ISBN4-04-7 [続きを読む]

« 図書館の楽しみ方。 | トップページ | オリジナル?レプリカ?:ジーンズの楽しみ »