« スクアラン for 美容&ターンテーブル | トップページ | 『お寺へ行こう!』という誘惑?! »

2005/04/30

図書館の楽しみ方。

nao8-1109769779-25書店に行くと売れ線の本はたくさんあっても,必ずしもそれが自分にとって読みたい本ではない。「自分にとって」の良書さがしは,もっぱら図書館で,読んだ後てもとに置いておきたい本を後日購入という形をとっています。

また,最近のささやかな冒険?は・・・当日,利用者から返却された本のなかから,おもしろそうな本を見つけて読むことです。日頃,あまり足を運ばない棚にある蔵書だったりするので,少しは世界がひろがったような気にもしてくれます。
先日も返却コーナーに戻り,あとは棚に戻されるのを待って積まれている本のなかから,自らの利き手を通じて痛感していることが見事にタイトルになっている本を発見。

『不便なことは素敵なこと』

という本です。アメリカ出身で,ひょんな縁から日本人男性と結婚し,現在は東京の下町の町家でシンプルライフを楽しまれている桐谷エリザベスさんの著作で,挿絵はご主人の桐谷逸夫さんによるもの。お二人について詳しくは・・・

http://www.i-cube.co.jp/mirai/02autumn/traveler/

を読んでみてください。サイト管理人自身,利き手をつうじて「不便なことは素敵なこと」だと思っています。右利き社会であるがゆえに,左利きは不便さを通して便利であれば見過ごすようなことを発見する機会にめぐまれているという発想からですが・・・古い日本家屋の生活からも,現代社会に生きるがゆえにいろんな発見をされているようです。

それにしても・・・ご主人様はサイト管理人が出た大学の先輩(年の差はありますが)・・・ドイツやアメリカでアートを学んだり・・・かなり自由人といった趣の方のようです。
だからこそ,エリザベスさんは異国の地でいろんな発見を楽しめているのでは・・・と思ったりもしました。

只今のBGM ...... DAF : el que

« スクアラン for 美容&ターンテーブル | トップページ | 『お寺へ行こう!』という誘惑?! »

コメント

カスミさん書き込みありがとうございます。
そうですよ,図書館は,好奇心を無限大に広げてくれる,とても有意義な空間です。最近では,書店も回転が早すぎて,読めばいい本でも,売れないとあっという間に棚から消えます。
その点,図書館なら,棚になくても検索すれば,どの時代の本でも読めますからね。
ときどき誰かが返却した本を手にとってみるのも楽しみです。もし興味がわいてくれば,どんどん読めばいいし,進まなかったら返却すればいいだけ。
これからも,本の紹介,時々しますので,お暇なときにチェックしてみてください。

はじめまして。
トラックバックありがとうございます。
図書館っていろいろ楽しみ方があるんですね!
私はいつも文庫本のコーナーに直行して
すぐ借りてすぐ家に帰ってすぐ読む、って
かんじだったんで、楽しむもなにもなかったんです。
今度はもっとゆっくりしていようと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/3920820

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館の楽しみ方。:

» 図書館 [【図書館】についてのページです]
図書館図書館(としょかん)とは、図書などの資料の収集・保存・公開などを行う施設もしくは機関である。図書館資料は、時代とともに拡大されており、現代では、ビデオやコンパクトディスク|CDなどの視聴覚資料、また、インターネットで提供される資料が使える図書館もある。図書館まで来られない人びとのために、バスな...... [続きを読む]

« スクアラン for 美容&ターンテーブル | トップページ | 『お寺へ行こう!』という誘惑?! »