« sunday morning | トップページ | 左利きの木版画家。 »

2005/04/05

Ai

nao8-1091034488-1『Ai--ジョン・レノンが見た日本--』

を,今,パラパラとめくっては眺めています。

オノヨーコさんによれば(序文)「“ai”愛(eyeと同じ発音)というこの本のタイトルは,ジョンがどういう目で日本を見ていたかをおらわしています──愛をもって」
ということです。

日本で見たり感じたりしたことをイラストとローマ字で描き,日本語を,まさにスケッチしたといっていい感覚の本です。日本語学習帳でもあり,ジョンの日本体験記でもあり,大きな意味での“人間の愛”を表現したイラスト集でもあり詩集でもあり・・・。ホント,パラパラとめくっては眺めているだけで,ジョンの人間としてのやさしさを感じてしまいます。
それと・・・こんなことを日本語で表現しようとしていたんだ,と驚かされるものも多々あります。

「mainichi umare kawarimasu」
(毎日生まれかわります)

「SHITTEREBA SHITTE IRU HODO HANASHITAGARANAI SHIRANAKEREBA SHIRANAI HODO HANASHITAGARU」
(知ってれば知ってるほど,話したがらない。
 知らなければ知らないほど話したがる。)

「KIRAKU(DESU)」
(気楽<です>)

などなど。
わかりやすくやさしい表現なんだけど・・・深いですね。
でも,なぜだかとっても楽な気分にさせてくれる一冊です。
「優(やさ)しい」・・・これに尽きます。

また,オノさんの存在って,ジョンという存在に不可欠だったということを,理屈抜きに教えてくれています。
あと・・・これは余談ですが,顔ってその人の生き様がつくっていくということを,ジョンの写真を見ているとよく感じることがあります。

只今のBGM ...... underworld : rez

« sunday morning | トップページ | 左利きの木版画家。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/3577420

この記事へのトラックバック一覧です: Ai:

« sunday morning | トップページ | 左利きの木版画家。 »