« ヒップホップと左利き | トップページ | sunday morning »

2005/04/02

『両手いっぱいの言葉』

nao810802326901_2・・・ときどき手にとって拾い読みする,故・寺山修司の箴言・金言集の文庫本。最初から読んだことは一度もないけど,気まぐれに開けたページを読んでみると・・・

「美しすぎる童話を愛読したものは、大人になってから、その童話に復讐される」

とか・・・

「時計の針が 前にすすむと「時間」になります 後にすすむと「思い出」になりま
す」

なんていった言葉が。ホント,寺山修司という人は,言葉の裏の裏側までシンプルに表現できる人だなあとあらためて思います。大人の世界は綺麗事だけではすまないドロドロしたものがあるし,後ろばかり振り返っても何も見いだせないし・・・。さすがは美輪明宏と一卵性双生児のごとく意見が合って「毛皮のマリー」を書き上げた人ですね。

閑話休題。忘れかけた頃に聴きたくなるのが平山三紀さん。いつも黄色の服を着ている,そういえば,ばんばひろふみ氏と離婚された・・・。さばさばした感じのロートーンのヴォイスで,媚びた感じがしないし,ちょっと悲しげな詩でもさらっと〆るところがいいです。
不思議と暗い気分にさせないところがすごいところですね。淡々と唱ってるような感じだけどとってもノリがいいです。写真のCDは初期のベスト盤。残念ながらこれには「真夜中のエンジェルベイビー」というお気に入りの曲が入っておらず,背景になっているアナログ盤「電撃的東京」で近田春夫がカバーしている分で辛抱(笑)しています。歌謡評論〜テクノポップ〜ヒップホップときてる近田春夫の入れ込み度100万ボルトの一曲でしょう。ファンが本気で唱ってるというのが見え見えです(笑)。

平山さんの歌はリアルタイムで知ったのではなく,少し年輩の人から教えてもらったのですが,今なら,むしろ女性がカラオケネタとして唱ってみたら・・・けっこうウケるかもしれません。

只今のBGM ...... 平山三紀 : ビューティフル・ヨコハマ

« ヒップホップと左利き | トップページ | sunday morning »

コメント

 私も関西なんですが、関西人って暗いの好きなのですか?確かに陰翳礼讃的なものは好きです。
 右でマウスを持って、左はペンを握っています?私の左マウスは検討用で使っていたので、右手にペンをいつも持っていました。

>海音 さん。

トラックバックと書き込みありがとうございます。
寺山修司といえば・・・映画「田園に死す」で段飾りのひな人形が流れてくるシーンに,強烈なシュールさを感じましたが,関西出身の人間にとっては,ある種,あの「暗さ」も逆に魅力的であったりもします。
ちなみに・・・左利きですが,マウスは右手使用です。Macユーザーなので,コマンドキーが左手にあるため,キー操作で左手を駆使する作戦です。そのかわり,マウスで線を引くときは左手に持ち替えています。

 TB有り難うございました。寺山さんが好きだと言うことを聞くだけで嬉しくなります。左利きにこだわっている刀のですね。
 私はマウスは左です。いつもクリック面倒じゃないと聞かれますが、左利き用を使われていますか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/3531987

この記事へのトラックバック一覧です: 『両手いっぱいの言葉』:

» あの人に会いたい [海を見ていた]
 今日のトップランナーは、よしもとばななさんの再放送だった。来期は、武田真治と変 [続きを読む]

« ヒップホップと左利き | トップページ | sunday morning »