« もうひとつの左利き:日本の地酒 | トップページ | 図書館の楽しみ方。 »

2005/04/30

スクアラン for 美容&ターンテーブル

0430巷ではGWスタートということで・・・どこへ行っても人と車だらけといった感じですね。こういうときは,無理に外出せず・・・しばらく放置していたアナログディスクを聴いてみたいと思い,久々にカートリッヂ(レコード針&音を増幅する部分。今回はオルトフォンの廉価版)を交換し,あれこれ調整しました。

CDは当たり前,iPodの大ブレイク以降,大人気のMP3プレーヤーの台頭でMDがそろそろ過去のものとなりつつあるのに・・・なぜにアナログ?!なんてお思いの方もいらっしゃると思いますが・・・。でもでも,アナログディスクは,何も年輩の方のマニアックな趣味というだけでなく,楽器&音源としてDJの必需品になっているのは誰でも知ってることだと思います。それと,30センチ四方のジャケットは部屋のインテリアにもなりますし,何より針を落とす行為そのもので聴くことへの集中心を倍増させてくれます。

でもでも・・・世の中がCDやMD,MP3といったデジタルサウンドに移行していくのは・・・今回,久々にターンテーブルを調整してよくわかりました。とにかく,微妙にネジを固定したり,針圧を調整したり・・・ちょっと狂うと,あっという間に音が悪い方に変化してしまいます。繊細な装置です。

とまれ・・・今やターンテーブルは,オーディオショップよりも,楽器屋さんでよくみかける音響機器になりました。DJが再生装置としてだけでなく楽器として使っているからですね。おかげで,一時期は手に入りにくかったターンテーブル用のグッズが,楽器屋で手軽に入手できるようになりました。

ちなみに・・・写真に写っている液体のボトルは,かの美容によいとされている「スクアラン」です。サメの肝臓から抽出したオイル(その主成分)を水素結合したり純度を高めたものだそうです。お肌がキレイになるだけでなく,ターンテーブルまわりの,たとえば軸を円滑に回るようにしたり,接続部に塗って接点を良い方向に復活させたり・・・自然の力はすごいなとあらためて思いました。
持っているものは,オーディオや自動車用ですが,もしかすると,化粧品でも純度が高いものであれば,ひょっとすると,いろんな機器に効果があるかもしれませんね(試していいものかどうかわかりませんが(^^;)。

そんなこんなで,ターンテーブルをあれこれ調整後,ジョン・コルトレーンやジョン・レノン,ライ・クーダー,チャーリー・パーカー,などなど・・・ちょっと古い作品を引っぱり出して楽しんでます。このところデジタルサウンドが多かったので,ホント,アナログライクなサウンドがむしろ新鮮です。

只今のBGM ....... F-communications : megasoft2000


« もうひとつの左利き:日本の地酒 | トップページ | 図書館の楽しみ方。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/3919028

この記事へのトラックバック一覧です: スクアラン for 美容&ターンテーブル:

» レコードプレーヤーとは言わずに。メカニカルな動きは、あのまま。 [デジスタイル]
ターンテーブル    レコードプレーヤーとは言わず「ターンテーブル」と、言うんですね、現在。 レコードが当たり前だった時代の松雄にとっては、使い方が変わったにしろこういうメカニカルな部分が見え隠れ する機械があるのが嬉しいです。ターンテーブルを回すとサイドのモノトーン... [続きを読む]

« もうひとつの左利き:日本の地酒 | トップページ | 図書館の楽しみ方。 »