« ロンドンからのメール | トップページ | あるがままの自分・・・ »

2005/03/30

オウンゴールでも・・・

050330_18380001勝利は勝利です。サッカー日本代表。

なんて世間的な話題はさておき,今宵は左利きといっても,久々にこの3週間ぐらいで購入して飲んだ(飲んでいる)日本酒のど素人レビューでも・・・(写真左側から順番に)。
ちなみに・・・焼酎ブームがずっと続いてますが,パック酒や安い居酒屋であやしい素性の燗酒を飲んで頭痛・・・なんて人が多いのではないでしょうか? かくいう私もそうでしたが・・・(苦笑)。でも,いまやパリの三つ星レストランで「白ワイン」として日本酒が置かれる時代です。わざわざ高価な大吟醸を買わなくても,かつて終電でよく臭った「オヤジ臭?!」とは無縁の,いい地酒が,いまや目白押しです。

●「東北泉・雄町純米」(左・山形)
 雄町55%精米/日本酒度+2.0/酸度1.5/アルコール度数15.6
3本のうち,唯一火入れ酒。一年ぐらい置いたものだと思いきや新酒でまだちょっと硬いつぼみの印象。でも,冷でも燗でも常温でもこなしてくれる感じでした。これを買ったときには風邪をひいていたので,米の旨味をより感じたくて,ちょっとでもつぼみよ開いてくれ〜といった調子でぬるめの燗で飲みました。とまれ,とっても雑味を感じないきれいなお酒で,夏を過ぎたあたりにもう一度飲んでみたいと思いました。

●「赤野・吟の夢 純米吟醸無濾過生酒」(中央・高知)
 吟の夢50%精米/日本酒度+5/酸度1.3/アルコール度数16〜17
 老人介護施設にショートステイしている祖母を見舞いした後に立ち寄った地酒に強い酒屋で4合瓶を購入。お店の人は「立ってくる香りはおとなしくい食中酒」とのお話しでした。鼻にくる香りは派手ではないですが,なかなか華やかな印象。口に含んだとき,鼻に抜ける香りや酸味が爽やかで,味わいは思ったより芳醇ですがクリアーな印象です。全国で20店舗のみで流通しているらしいです。食事しながら飲むにはちょうどいい感じのキレと味わい。

●「磯自慢 特別本醸造生酒原酒」(右・静岡)
 特A地区山田錦55%〜60%精米/日本酒度+6.0/酸度1.2/アルコール度数18〜19
 「十四代」ほどではなくとも入手困難ですが,たまたま立ち寄ったお店に入荷されていて購入。原酒で,米の旨みと甘みがじわ〜っと舌から喉にかけて押し寄せてきますが,後口はしっかり辛みがあって,フルーティーな味わいの後に,ほんのりビスケットっぽい香ばしさも余韻にあるでしょうか。上の二つと比べると,お酒だけでじっくり楽しみたくも感じる酒です。

今日ふと桜の木を見たら・・・なんと,場所によっては少しずつ桃色の吐息を感じました。そろそろお花見の季節。4月はお花見で酒が飲めるぞ〜って,雄叫びが聞こえてきそうです(笑)
サイトに残してある旧日記でも飲んだ酒の紹介をときどきやってましたが,これからもコンスタントに書いていきます。

只今のBGM ...... 珍しくラジオのFMを聞いてみました(スティヴィーワンダーがかかってます)。

« ロンドンからのメール | トップページ | あるがままの自分・・・ »

コメント

>zerikoさん

書き込みありがとうございます。雑誌「IDEA(アイデア)」・・・何気ない提案だったかと思いますが,そこから新しい発見をなさったみたいですね。
「建物のサイン」・・・都市の日常生活ではすごく目にするものですが・・・なかなか魅力的なものをデザインしておられるようですが,一度,zerikoさんがデザインなさったものを見てみたいものです。

先日ようやく アイデア 読みました。
水には記憶がある…
という部分が印象的でした。
私は、建物のサイン計画をする時
従来のサインの形態から今ひとつ脱却できず
自分がデザインすることの意義さえ見失いがちでした。
サインの本来の目的である、
人を導くとか、そこが何処であるかを教える、
とかいうことに気づかされた文章でした。
ありがとうございます。

>zerokoさん

十四代は甘酒でしか飲んだことがないというのは・・・むしろレアな話かもしれませんね。
しかし・・・取り扱ってる酒屋も飲み屋や料理屋に卸すので,けっこう外に出ると見かける酒なんですけど。
ところで,「IDEA」・・・そうなんです,書店でチラッと見る雑誌ですね。3000円は高い(苦笑)。ちなみに,最新号は,管理人の友人があれこれ電子ボイスについて書いてます。読んでみてください。

TB、ありがとうございます。
十四代は、甘酒でしか味わったこと無いんですよ。

「IDEA」毎号、書店でチラ見しています。
今度買って読んでみます。

最近のわたしのお気に入りは、ゆかりご飯です。
コシヒカリでね。

ラチさん,書き込みありがとうございます。日本酒(酒好きのことを左利きともいいますが)のみならず,左利きの玉田選手のファンでらっしゃるということで,何とも左利きつながりでございます(^^)。
「正雪」は由比の酒ということですが・・・東名高速の由比ヶ浜の風景を思い出すと,なんともいい風景ですよね。静岡に行ったときは寄っている静岡の地酒が充実したお店にありましたので,今度,飲んでみます。
いろんな意味で左利きネタを増やすきっかけに・・・このブログやサイトをチェックしてみてくださいね。

naoyaさま、はじめまして。TBありがとうございます。
左利き、なんだかみょーに憧れます。
レフティといえば、数年前は名波選手に魅了されてました。
俊輔もそうですが、レフティの選手って動き方に独特のリズムがあって、
そこに惹きつけられるみたいです^^

わたしは地元が静岡なので「磯自慢」はお気に入りです。
もしよかったら由比の「正雪」もお試しください。オススメです^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/3500626

この記事へのトラックバック一覧です: オウンゴールでも・・・:

» 磯自慢特別本醸造生 & 臥龍梅純吟袋吊り生 [菱沼かれいの日本酒残日録]
【2005年1月その3】 (この日の日本酒一覧) 八海山しぼりたて生原酒、磯自慢 [続きを読む]

« ロンドンからのメール | トップページ | あるがままの自分・・・ »