トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

2005/03/31

あるがままの自分・・・

nao8-1086539895-3こういう自分であることが理想のようによく語られますけど・・・訳知り顔で人にそう言って諭す人こそ「ありのままの自分でいられていますか?」といいたくなりませんか?

むしろ人間って,虚構にみちた社会生活では自分を守ったり可愛がっていかなきゃやっていけないから,それなりに自分じゃない自分みたいなところで,ちょっと以前にこの日記で書いた「vanity」を感じると思うんです。いやはや,自分自身,もちろん感じることがありますよ(笑) 別に「vanity」が人間にとってマイナス要因ばかりかといえばそうでもないと思いますが「vanity」の風船をふくらませると,気分が重くなりすぎて飛べないので・・・,まずは・・・

「ちょっぴり反省っ!」

ぐらいの軽い気持ちを日々重ねていけばいいんじゃないと思う今日この頃。人付き合いだって,嫌いな人じゃなくても微妙に距離感が違ったりしますし。

で,「ちょっぴり反省っ!」するためには,自分が何を中心に(大事に)して生きているのか? それを確認する必要はあるかなと。

そんなことはさておき・・・以前に大阪の鶴橋で発見したBOOK OFFの出入口です。なんと駅の通路から自動改札口で出入りできるという案配。東京メトロ銀座線三越前駅や西武池袋線池袋駅のようにデパートの入口と改札がつながっているのは当たり前のように感じていましたが・・・まさか BOOK OFFの支店と自動改札口でつながっていたなんて。でもこれ,定期券の人だと便利このうえないですけど,券売機がそばにない!

ということで,発見したその日,道路に面した一階の入口まで降りて,ふつうに駅の改札から電車に乗りました。

只今のBGM ...... Bill Evans Trio : My Romance

2005/03/30

オウンゴールでも・・・

050330_18380001勝利は勝利です。サッカー日本代表。

なんて世間的な話題はさておき,今宵は左利きといっても,久々にこの3週間ぐらいで購入して飲んだ(飲んでいる)日本酒のど素人レビューでも・・・(写真左側から順番に)。
ちなみに・・・焼酎ブームがずっと続いてますが,パック酒や安い居酒屋であやしい素性の燗酒を飲んで頭痛・・・なんて人が多いのではないでしょうか? かくいう私もそうでしたが・・・(苦笑)。でも,いまやパリの三つ星レストランで「白ワイン」として日本酒が置かれる時代です。わざわざ高価な大吟醸を買わなくても,かつて終電でよく臭った「オヤジ臭?!」とは無縁の,いい地酒が,いまや目白押しです。

●「東北泉・雄町純米」(左・山形)
 雄町55%精米/日本酒度+2.0/酸度1.5/アルコール度数15.6
3本のうち,唯一火入れ酒。一年ぐらい置いたものだと思いきや新酒でまだちょっと硬いつぼみの印象。でも,冷でも燗でも常温でもこなしてくれる感じでした。これを買ったときには風邪をひいていたので,米の旨味をより感じたくて,ちょっとでもつぼみよ開いてくれ〜といった調子でぬるめの燗で飲みました。とまれ,とっても雑味を感じないきれいなお酒で,夏を過ぎたあたりにもう一度飲んでみたいと思いました。

●「赤野・吟の夢 純米吟醸無濾過生酒」(中央・高知)
 吟の夢50%精米/日本酒度+5/酸度1.3/アルコール度数16〜17
 老人介護施設にショートステイしている祖母を見舞いした後に立ち寄った地酒に強い酒屋で4合瓶を購入。お店の人は「立ってくる香りはおとなしくい食中酒」とのお話しでした。鼻にくる香りは派手ではないですが,なかなか華やかな印象。口に含んだとき,鼻に抜ける香りや酸味が爽やかで,味わいは思ったより芳醇ですがクリアーな印象です。全国で20店舗のみで流通しているらしいです。食事しながら飲むにはちょうどいい感じのキレと味わい。

●「磯自慢 特別本醸造生酒原酒」(右・静岡)
 特A地区山田錦55%〜60%精米/日本酒度+6.0/酸度1.2/アルコール度数18〜19
 「十四代」ほどではなくとも入手困難ですが,たまたま立ち寄ったお店に入荷されていて購入。原酒で,米の旨みと甘みがじわ〜っと舌から喉にかけて押し寄せてきますが,後口はしっかり辛みがあって,フルーティーな味わいの後に,ほんのりビスケットっぽい香ばしさも余韻にあるでしょうか。上の二つと比べると,お酒だけでじっくり楽しみたくも感じる酒です。

今日ふと桜の木を見たら・・・なんと,場所によっては少しずつ桃色の吐息を感じました。そろそろお花見の季節。4月はお花見で酒が飲めるぞ〜って,雄叫びが聞こえてきそうです(笑)
サイトに残してある旧日記でも飲んだ酒の紹介をときどきやってましたが,これからもコンスタントに書いていきます。

只今のBGM ...... 珍しくラジオのFMを聞いてみました(スティヴィーワンダーがかかってます)。

ロンドンからのメール

nao8-1106375399-6自分自身はデザイナーではありませんが・・・,なぜか知り合いや友人には「デザイナー」という肩書きのつく人がなぜかわりといます。そのなかの一人,ロンドン在住のイギリス人の友人から,朝に珍しく電子メールが。

読んでみると・・・まだ先の話とはいえ,今年は韓国から講演かワークショップの依頼があるので,お金の問題があるとはいえ,日本にまた立ち寄りたいとか・・・最近は村上を読んでいるとか・・・(龍か春樹かはわりませんが)。それで最近はどうしているのかと,まあ,様子見のメールですね(笑)。

ちょっと以前の話(1月下旬)ですが・・・突然,大きな郵便物を配達員が持ってこられました。一目見て海外からのものとわかり・・・しかも,独特な筆致から,その友人から,珍しく送られてきたものと判明。

以前から,ちょっと特殊なポスターをいつか送るとメールでは書いてきていたのですが,やはり「それ」でした。

現物は写真のとおりで・・・どうやらイタリアで開催されたグラフィックデザインの展覧会の,自身のポスターであるようです。素材は薄いプラスチックで,文字の部分がエンボス加工してあります。
グラフィックデザイナーの方やそうした分野に興味のある方はよく知っておられるかと思いますが,「タイポグラフィー」という文字の造形にその友人はずっと取り組んでいて,この文字も,街に投げ捨てられたりしている金属片等を組み合わせて,独自のアルファベットをデザインしています。

今を思えば・・・大学生の頃に東京で出逢い,ロンドンで少しのあいだ居候をさせてもらったときにはアパートが何者かによって爆破されたり・・・なんだかんだありましたが,まさか,ここまでいろんなところで活躍するデザイナーになるとは思ってもいませんでした。

ちなみに,彼のタイプデザインは・・・たとえば関西におられる方なら,書店に行って「Meets Regional」という雑誌を手に取られれば,そのタイトルそのものが彼のデザインです。あと,全国の書店で手に取れる雑誌としては「IDEA」という世界のグラフィックデザインを紹介している雑誌に,「Invisible Language」なるタイトルのエッセイを毎号書いてますので,ご興味のある方は読んでみてください。ポール・エリマンという人です。

関係ない話ですが,上記の友人とは2年前に日本で3日間だけ再会し・・・男二人で湘南海岸へサーフィンを見に行ったことがあります(笑)次の再会はボディーボードを一緒にしようということになっていますが・・・こちらはともかく,その友人も子どもが三人になり,自分の時間がないようです。ただ,お互いに・・・いまだパンクロックなんかを聴いて唸ってしまっているところは・・・変化がないようで・・・。

只今のBGM ...... Captain Funk : Elektrobank (chemical brothers / dust brothers remix )

2005/03/29

とびとびで連載計画その一・「路頭観察学」

nao8-1097349698-1今回のものは,赤瀬川原平の「路上観察学」というよりは,木村祐一(キム兄)の「写術」的な話題かもしれませんが・・・。

少し以前に大阪市某所で発見した「トンデモ看板」。

「大型犬・中型犬繁殖予定地・・・ご迷惑をおかけしますが・・・」という看板が大きい通り沿いに・・・

「痴漢・ひったくり・強盗・強姦等多発地帯・・・」
という看板が測道沿いに・・・それぞれデカデカと掲げてあります。

これは近隣や・・・たとえばかつてなら地上げ屋への嫌がらせか・・・あるいは悪事を働く人へのおどしか・・・なかなか興味深いというか・・・この家の方に訊ねてみたいものであります。

只今のBGM ...... Gotan Project : epoca MURO remix

2005/03/28

左利きならではのアイデア?!

050327_23010001いきなりですが,写真は某100円ショップでたまたま見つけた「ダンランムササビ」。制作・著作は,ダウンタウンの松本人志。いつも目に付くところに置いてますけど・・・ムササビの背中にあるミカンが,もう季節はずれになりつつあり・・・夏場はどういうアレンジをしようかと模索中。

写真でおおよそわかるかと思いますが,コタツの形をしたムササビで,裏にはきちんと電熱を発する赤い網目のコタツがくっついている凝りようです。松ちゃんいわく,「最近ペットとして人気。かなり待ち状態。しかしなぜか夏場には売れ行きが悪い」とのことです。

ワン・オブ・左利きネタとして御査収くださいませ。

ところで・・・ちょっと真面目な左利きの話題を・・・といっても,みなさんには怒られる?かもしれませんが,意外にも,人と会ったりしたとき,このところ左利きの話題を自分からは発しません。というか,「クラブレフティ」というサイトや,『見えざる左手』『左ききでいこう!』を読んでくだされば,いいたいことはほぼ網羅していると思います。

話を戻しまして,以前なら,もし左利きのことについてあれこれ意見を求められたとすれば・・・

「もっと不便さが解消するようにグッズ等の充実を」とか「右利き社会のなかで大変な思いをすることが多い」なんてこと・・・いやはや,そんな「善人面モード」で言ってたような気がします。いや,そういうことを訴えることは大事だと思います。

でも,昨年あたりから,自分の実感を出そうと思い立ちました。それは・・・

「右利きよりも有利だと思うことは,むしろ左利きだけが経験する<不便さ>そのもの」

ということなんです。

たとえば,右利きですと,物事を習得するときに道具や設備とかが利き手に合うようにできているので,あまり不便を感じることがないはず。ところが,左利きの場合だといろいろとつまずくことが多いけど,その過程で,この道具はどんな構造なんだろうか?とか,どういうふうに工夫していったら左手でも上手に扱えるだろうかな〜?とか,素材とか・・・etc.小さいときから考える癖を,比較的多くの人が持ちつづけてきたと思うんです。

そうした<問題を解決する過程>って,何でも便利になった昨今,貴重だなあって。
これは何も左利きに限った話ではなくって,それなりに社会でハンデ(病や障害)があると世間に言われたり,マイノリティ(少数派)に属する人たちなら,比較的似たようなポジションにいると思うのです。

確かに不利な点はあるかもしれない。けれども,マジョリティーとか健常なんて領域に属していれば感じることのない「足りない何か」から,先天的にも後天的にもいろんな新しい発見などを見いだすのではないか。そう思えてならないのです。

それは当事者の立場ではなく,むしろ周囲の環境の足りないところだったり・・。

だからこそ,左利きだけでなく,上記のような人たちが何かに直面したとき,<問題を解決する過程>を本人が見いだせる環境とか,周囲の人たちの心の余裕とか,ただ手取り足取りだけでない「そっと見守る気持ち」なんかが,この便利で能率とかスピードが要求される時代だからこそ,むしろ大切かなあって思う今日この頃です。

なんでも便利なものをすすめたり,手取り足取りしてしまうのは,そのじつ,相手のことよりも,自分の都合で「強制」しているにすぎないことも少なくないですね。
今の世の中,<都合次第の強制>だらけな感じしません? それを行使するのは,じつは自分自身だったりして。。。常に注意しておきたいところです。

只今のBGM ...... Misia : つつみ込むように(DAVE"EQ3"DUB MIX)

2005/03/27

マユかヒゲか・・・ちょっぴり「ゴクセン」考?!

nao8-1094876273-1どっちが手入れが大変か・・・なんてことをときどき人の顔を観察していて思うことがあります。利き手じゃないほうに持ち替えて使うときなどは,特に。左利きと右利きとでは,手入れの違いが微妙にあるのかも?!
みなさん,いかがなものでしょうか?

ちなみにマユというと・・・かつてはヤンキー系の男しか細くしませんでしたけど,最近では誰でも手入れしてますね。そういえば,ベッカムが日本のCM用?にマユを細くしたら,イギリスではマユを細くするのは東洋人かオカマなんて記事が書かれていたそうです。

マユかヒゲか・・・なんてタイトルにしていながら・・・ヒゲはパスします(笑)。
マユの雰囲気ひとつで顔の印象が全然かわりますね。なかにはマユにもカラーリングをしている人がいたり・・・。ちなみに女性でまゆを半分ぐらいそって内側だけ残している方がいますけど・・・寝起きみたいな顔でマユを引かずに歩いている人をみると・・・ちょっと・・・。

電車の中吊りやいろんなところで雑誌の表紙の見出しなんかはよくチェックするほうですが,よく「ナチュラルまゆ」なんて言葉があったりして・・・。はたしてどこまでやればナチュラルまゆなのか? 

写真は・・・このところ関西のJRの駅でやたらポスターで見かける・・・というか某携帯ショップの店頭でもよくみかける女優さん(特にファンではない),なんて回りくどいこといわなくても,あの女教師役の方!の部分写真ですけど・・・。そり残しか?と思うぐらいの・・・この感じなんですか? と,ポスターを見るたびに思ったりしています。

というわけで,けっこう他愛のないことに注目してみました。

只今のBGM ...... RADIO4:new disco

2005/03/26

ランチメイト症候群

041127_21040001なんて言葉があるのを知ったのは・・・最近の話です。なんでもお昼の時間,一緒に食事をする人がいない孤独感で会社を辞める人がいるとか。

そんな超現代的な現象はさておき,ちょっと前にこの日記でタイトルだけは紹介したであろう『孤独であるためのレッスン』(諸富祥彦・NHKブックス)なる本に,こんなことが書いてありました。

「私はあえて断言しますが,忙しいこと,人づきあいが多いことなどは,どちらかと
いうと“浅い”人生を表すものとしてあまり好まれなくなる時代が,もうしばらくす
るとやってきます」

と。そして・・・

「孤独になる能力,想像力を駆使して孤独をエンジョイできる能力は,これからの時
代に適応しつつ豊かにタフに生きるための必須アイテムなのです」

とも。どうですか,「孤独」を楽しめますか? いやはや,今の世の中,どんどん孤
独を楽しめないようにできているような気がしますが,上記のようなことは何も自分
勝手に生きろといっているわけではなくって,むしろその逆ですね。
で,孤独が“肯定的な孤独”となるために必要な条件を著者は8つあげていましたが,
そのなかでも印象深いものをいくつか・・・。

・「わかり合えない人とは,わかり合えないままでいい」と認める勇気を持て。
・「この人だけは私を見捨てない。どこかで見守ってくれている」。そう思える人を
みつけよ。
・自分だけは自分の味方であれ。「自分を見守るまなざし」を自分の中に育め。

う〜ん,こういうのを読んでいると「嫌われたくない症候群」が蔓延してることだけ
は・・・今の日本では確かなようです。

只今のBGM ...... Carole King : You've got a friend

2005/03/25

テイストの布石.... ジャズ・シャンソン...etc

nao8-1084813947-1時折,起きたての時間はゆったりした音楽を聴いています。といっても,日頃は音楽的精神年齢二十歳前後でありますが(笑)

写真は左が亡きゲーンズブールが若き日に録音したアルバム。これはジャズボーカルということになっていますけれど,フランス語でゲーンズブールとなると・・・雰囲気は完全にシャンソンです。どういうわけか1960年代のモッズ系ファッションの人たちがよく巣くっている中古盤屋にて新品で購入。お店の説明書きでは,「DJにおすすめ」とありました。「フロアでウケること間違いなし」とも書いてありましたが,そうですね,これをかける時間帯はフロアでソファをズラッと並べていただいたら最高かな?!といった感じのサウンドです。

で,右はキース・ジャレットがドイツのケルンで熱演した即興演奏のライブ盤(2枚組・汚れたジャケットで恐縮です)。1975年1月の演奏で,もう29年の月日が経っているのですが・・・どの時代のものでも言えることは,「時代に挑戦しているサウンド」は,いつ聴いてもちっとも色あせないってことですね。ちなみに,このアルバムが手元にあるのは,とある経緯があるのです。それは,大学2年の頃,たまたま近くの古本屋(中古盤も扱っていた)を暇つぶしに訪れたときのことでした。

店のレジの近くで突然「そんな安いお値段だったら買い取ってもらわない!」と女性の怒りの声。それから息つく暇もなくボクのほうに向かってきて・・・

「これあなたにあげますから聴いてください」

と,紙袋に入った20枚程のLP盤が手渡されたのでした。ちなみに,その女性がどんな顔や身なりの人だったか...etc何も憶えていません。40歳前後っぽい感じで,カタカナ職ぽい雰囲気の人だったような・・・。このキース・ジャレットの他にもあれこれ入っていましたが,多くは・・・弟の部屋に置いてあるか散逸してしまっています。
それにしても,二十歳の頃はジャズなんて全く興味もなく,ただ「保留」状態だったのですが,手放すこともなく,忘れかけた頃に聴くといったスタンスをとるうちに・・・いまや一回ターンテーブルに置くと同じ面を2,3回は連続して聴いてしまうレコードになってしまいました。

ちなみに,クレジットされた曲名は「1975年1月24日 パート●●」と書かれているのみ。その1曲目は数年前に車のCMで流れてましたっけ。だから音を聴けば一発でわかります。個人的には最後の4曲目が好き。たった6分台の曲が33回転のLP盤のD面に1曲だけ刻まれた,とても贅沢なひとときです。頭のなかにびっちりとスイートでかつエモーショナルなメロディが刻まれていて,モダンなテクノと交互に聴くのがとても自分にとってグッドなバランスになっています。ピアノソロが多くでてきますが,反復するリズムも多いのがそのゆえんでしょうか。

とまれ,ジャズはそれほど多く知りませんが,少なくともその入口を知るきっかけを作ってくれた一枚といえるでしょう。

おまけに,あまり囲碁のことも知りませんが,「どうしてこんなところに石を置くの?」といった場所に置かれた石が,後になって対戦にじわじわ効いてくる。闘っているわけではないですけど,ボク自身にとって耳のテイストという意味で「布石」を置いてくれた前述の人には,名前も顔も何もわかりませんが,ただただ感謝です。

只今のBGM ...... Everything But The Girl:Before Today

2005/03/24

私の言うことを信じなさい!

nao8-1086281427-2なんて,書いているボクが読んでいる人に命令してるわけではありませんよ。この真相?は後ほど。
人間生きているかぎり,悩みや願望,夢・・・いろんな煩悩が渦巻くと思いますが,それが端的にあらわれてるのは,寺や神社にかけられている「絵馬」とか「札」の類だと思うんです。
じつは,ある一時期に仕事の資料として眺めていたわけですが・・・,一番典型的な願い事はと申しますと,こんな感じです。

「努力して自分をみがいて迷いをなくしたい/自分のことをもっと好きになりたい/自分のことを好きになってくれる誰かとあいたい」

どうです,この三段論法。どこかの人生ハウツー本から出てきたようなフレーズですが,これがじつのところ一番多いパターンです。願望というよりは,見聞きしたり考えたりしたことを整理したといったところか。残念ながら書いた人の具体像が浮かびにくいです。
まあ「香取慎吾と結婚したい」とかいったものや「吉本の看板漫才師になりたい」なんてものは,いつの時代でもある絵馬かと思いますが・・・,でも,書いた人間の顔が見たいとまではいきません。

けれどもここまで欲をかいて書いてあると・・・,顔を見たいというよりは,本気なのか洒落なのか本人に確認したい絵馬を一時期話題沸騰だった清明神社で発見。

「小説すばる新人賞とれますように。清明さんおねがい!作家・脚本家・女優としてやっていけますように・・・恋愛もそろそろいい人とあいたいです」

って,これ,自分の都合だけ書いてるんちゃうの!って憤るどころか,書くならこういうのもアリだなと思った次第です。だいたい,こっちから神や仏を利用しようとするのですから,それに加担する聖職者も同罪です。ならば,世知辛い世の中を笑わせてくれるような絵馬があったっていいわけです。それを実現するか否かは本人次第で
すから。

絵馬や祈祷といった願い事や,占い,ギャンブルの予想って,叶おうがはずれようが訴訟にまで発展することってまずないぐらい,あきらめがつきやすいものですよね。けれど,何を信じていいのかわからない人にとって一番ほしいコトバは・・・どんな説教やお祓いよりも,たとえば○木○子のように,テレビ番組で占いの結果を出した
後,半信半疑のゲストに対して・・・

「私の言うことを信じなさい!」

という,あの一言じゃないですか?! 人間って安心できる人間の絆が一番ほしいのだと思いますけどねえ。けれど,手のひらがえしが強烈なのも人間ならではだからなあって。
しかし上記のような発言って自分が診断した鑑定を実現する確率を上げるための軽い脅迫(笑)?!

只今のBGM ...... massiveattack : what your soul sings

※以前に自分のサイトで書いていた日記を一部修正して掲載しました。レンタル日記から「ココログ」に移行しましたので,行動録的な内容でない記事は,時折こういった形でアップしていきます。

2005/03/23

リニューアル

050129_17370001クラブレフティの日記をリニューアルしました。
以前のタイプでも十分に満足していたのですが,より自由度と広がりをもたせるために,サイトのプロバイダで開設できて記事にコメントがつけられるタイプに変更です。
内容はこれまでどおりで,あくまで利き手の話題については主にサイト (Linksあるいはプロフィールからジャンプしてください)で展開し,サイト管理人のアンテナが受信(傍受?!)した話題を中心に,心のおもむくまま綴っていきます。もちろん,左利きの話題も随時展開。サイトの更新情報も書いていきます。

それと,これまでどおり「只今のBGM」も,文末につけます。

サイトの1ページとして組み込んでいます。その関係上,このとおりさっぱりシンプルなデザインですすめていきます。

写真はとあるお店で見つけた「おやじ汁」です。フルーツ系の飲み物みたいですが,これでひとまず「目」で乾杯です!

只今のBGM ....... Nova Nova : Bewildered

トップページ | 2005年4月 »