« 私の言うことを信じなさい! | トップページ | ランチメイト症候群 »

2005/03/25

テイストの布石.... ジャズ・シャンソン...etc

nao8-1084813947-1時折,起きたての時間はゆったりした音楽を聴いています。といっても,日頃は音楽的精神年齢二十歳前後でありますが(笑)

写真は左が亡きゲーンズブールが若き日に録音したアルバム。これはジャズボーカルということになっていますけれど,フランス語でゲーンズブールとなると・・・雰囲気は完全にシャンソンです。どういうわけか1960年代のモッズ系ファッションの人たちがよく巣くっている中古盤屋にて新品で購入。お店の説明書きでは,「DJにおすすめ」とありました。「フロアでウケること間違いなし」とも書いてありましたが,そうですね,これをかける時間帯はフロアでソファをズラッと並べていただいたら最高かな?!といった感じのサウンドです。

で,右はキース・ジャレットがドイツのケルンで熱演した即興演奏のライブ盤(2枚組・汚れたジャケットで恐縮です)。1975年1月の演奏で,もう29年の月日が経っているのですが・・・どの時代のものでも言えることは,「時代に挑戦しているサウンド」は,いつ聴いてもちっとも色あせないってことですね。ちなみに,このアルバムが手元にあるのは,とある経緯があるのです。それは,大学2年の頃,たまたま近くの古本屋(中古盤も扱っていた)を暇つぶしに訪れたときのことでした。

店のレジの近くで突然「そんな安いお値段だったら買い取ってもらわない!」と女性の怒りの声。それから息つく暇もなくボクのほうに向かってきて・・・

「これあなたにあげますから聴いてください」

と,紙袋に入った20枚程のLP盤が手渡されたのでした。ちなみに,その女性がどんな顔や身なりの人だったか...etc何も憶えていません。40歳前後っぽい感じで,カタカナ職ぽい雰囲気の人だったような・・・。このキース・ジャレットの他にもあれこれ入っていましたが,多くは・・・弟の部屋に置いてあるか散逸してしまっています。
それにしても,二十歳の頃はジャズなんて全く興味もなく,ただ「保留」状態だったのですが,手放すこともなく,忘れかけた頃に聴くといったスタンスをとるうちに・・・いまや一回ターンテーブルに置くと同じ面を2,3回は連続して聴いてしまうレコードになってしまいました。

ちなみに,クレジットされた曲名は「1975年1月24日 パート●●」と書かれているのみ。その1曲目は数年前に車のCMで流れてましたっけ。だから音を聴けば一発でわかります。個人的には最後の4曲目が好き。たった6分台の曲が33回転のLP盤のD面に1曲だけ刻まれた,とても贅沢なひとときです。頭のなかにびっちりとスイートでかつエモーショナルなメロディが刻まれていて,モダンなテクノと交互に聴くのがとても自分にとってグッドなバランスになっています。ピアノソロが多くでてきますが,反復するリズムも多いのがそのゆえんでしょうか。

とまれ,ジャズはそれほど多く知りませんが,少なくともその入口を知るきっかけを作ってくれた一枚といえるでしょう。

おまけに,あまり囲碁のことも知りませんが,「どうしてこんなところに石を置くの?」といった場所に置かれた石が,後になって対戦にじわじわ効いてくる。闘っているわけではないですけど,ボク自身にとって耳のテイストという意味で「布石」を置いてくれた前述の人には,名前も顔も何もわかりませんが,ただただ感謝です。

只今のBGM ...... Everything But The Girl:Before Today

« 私の言うことを信じなさい! | トップページ | ランチメイト症候群 »

コメント

こちらこそトラックバックありがとうございます。
私は生でキース・ジャレットを聴いたことはありませんが,ケルンコンサートは,誰が聴いても,「現代」を感じさせてくれる名盤だと思います。

TBありがとうございました。
キース・ジャレットのファンの多さを改めて実感し、昔聴きに行ったことのあるコンサートのことを思い出しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91790/3426183

この記事へのトラックバック一覧です: テイストの布石.... ジャズ・シャンソン...etc:

» 【Jazz】 ケルン・コンサート (キース・ジャレット) [ゆつくり生活]
前回は一番大好きなお店を紹介したので、今回は私の一番好きなCDを紹介しようと思い [続きを読む]

» キース・ジャレットの「即興」 [Letter from the wind 3]
3月23日号に書いたキース・ジャレットに関してトラックバックしていただいたBl [続きを読む]

« 私の言うことを信じなさい! | トップページ | ランチメイト症候群 »